競馬やめたいと思った時に考えるあのお金で何が出来たのか4選

-スポンサードリンク-
競馬

■競馬は一瞬にしてお金がなくなる

競馬は地方競馬を含めると毎日のようにレースが行われています。ギャンブル好きの方や競馬ファンは毎日のようにそのレースにお金をかけ、勝負しています

読みが当たれば、大勝ちすることもできますが、競馬なかなか当てることがしくほとんどの方が敗北を味わっています。

勝てる人はごくわずか。

それでも、買った時の快感が忘れられず馬券を買い続けるのです。

しかし、あまりにも負けが続いたり大きな負けを味わうとさすがに「もうやめよう」という気持ちになります。

そんな気持ちになった時、今まで競馬に費やしたお金で何が買えただろうか…?

人はそんなことを考えるはずです。

 

■トータル金額を計算したら家が買えた

マイホーム

毎日のように行われている競馬レース

現在インターネットでも馬券を購入できる時代です。

好きな方は常にレースの内容をチェックして馬券を購入します。

もちろん当たる確率はごくわずか…。

それでも馬券を購入せずにはいられません。

そんな生活を何十年と繰り返している方、そんな方がふと人生を振り返った時いったいいくら競馬にお金を使ったか…そんなことを考えるでしょう。

1ヶ月5万円競馬に注ぎ込んでいたとします。

年間にすると60万円。そんな生活を30年続けてきたとします。

すると競馬に費やしたお金をトータル1800万という計算に…!

いい加減競馬を卒業しよう…そんなことを考えたとき、競馬で消えていった1800万を考えると実に切なくなりますよね。

1800万あれば田舎一軒家を建てることが出来ます。

長年楽しんできた競馬を卒業するとなると、このような大きなものが買えたんだな…と感慨深くなる方が多い筈です。

 

■競馬をやめたら新しい車が買えた

自動車

毎週末競馬のレースを楽しみに生きている方は、週末のレースで2〜3万円使うはずです。

もちろん勝てる時もありますが、買ったお金をまたレース注ぎ込み競馬の軍資金を増やそうとします

しかし、やがて負けてお金が底を尽きる時が来るでしょう。

そして競馬をやめよう…そう思った時、ふと競馬に使ったトータル金額を計算してみるとその額なんと600万円

600万円あれば高級車新車で購入することができます。

競馬に使ったお金があれば車が買えた…

車好きの方はきっとそう思う筈です。

 

-スポンサードリンク-

■競馬をやめたら高級時計も買えた

オメガ スピードマスター

競馬やめようと思った時に、あのお金があれば高級時計を買うことができた…そう思う方もいるはずです。

ビックレースでは、名馬に加えてスター選手が大勢参加します。

そんな日は、奮発して10万円単位のお金をレースにつぎ込む方が大勢いらっしゃいます。

しかし、プラスにできるのはごくわずかの方だけ

数十万円を1日で失ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

数十万円あれば、ロレックスオメガのような高級時計を購入することができます。

あのお金があれば、今頃高級時計を絶対に買っていた。

そう思っても、すでにお金はなくなっています。

こういった時、競馬好きの方でももう競馬をやめようか…と考えてしまいますよね。

 

■競馬のお金で保険に入れた…

保険

もう競馬をやめよう。

長年続けてきた競馬をやめようと一大決心したときに、負けた金額の総額を考えるととんでもないことになっているはずです。

特に40代、50代のベテランの方であれば、これまでレースにつぎ込んできたお金は数百万円、または1千万円オーバーの方もいらっしゃる筈です。

そんな方々は、あのお金があれば養老保険等金融商品を購入できた…と後悔する方も多いでしょう。

レースにつぎ込んだお金が500万円程度でも、養老保険の一時金としては相当大きな額となり、老後の支えになったはずです。

もちろん、勝ち負けで浮き沈みがある中、浮いたお金がある時はこういった金融商品を購入できるチャンスがいくらでもあったはず。

しかし競馬で勝ったお金を競馬に消えていく…これが競馬を愛する人のお金の使い方です。

大負けした、またはお金が底を尽きたときに冷静に振り返ると、費やしてきたお金の大きさを実感します。

 

■競馬を卒業する事で家族に何か残せた

家族商品ではありませんが、あのお金があれば…と会ったときにふと連想されるものは「家族の顔」だったりします。

サラリーマンの方で、ストレス解消程度に遊んでいた競馬。しかしいつしかのめり込んでしまい数万円の大負け。

そんな時に、思うのはこのお金があれば家族に何かできたかもしれない。

家族思いの方はきっとそんなことを考えるはずです。

ついつい熱くなりつぎ込んでしまったお金の尊さに気づいてもお金は戻ってきません。

やめ際が大切なのです。

 

■まとめ

このように、競馬をやめようと思った時考える事は年代によってかなり異なるはずです。

長年の競馬ファンが競馬にいくら費やしたかは計り知れません。

しかし、ある瞬間ふと振り返ってしまうと、その金額の大きさから「もうやめよう」と思う方も多いはずです。

えていったお金で何ができたか…

それを考えると実に切ない気持ちになります。

競馬にお金を使うときは、負けても後悔しない程度にしておきましょう!

お金

-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です