手取り15万でも貯金は出来る!FPが教える年間30万円貯金をする方法

-スポンサードリンク-

手取り15万円の人が年間30万円の貯金を目指す3つの方法

手取り15万円。

このお金から生活するために節約を考えると思いますが、さらに貯金はできないのか?

同じ額でもうまく節約できる人、お金の管理ができる人は貯金することができています。

では、どのような方法で手取り15万円から貯金ができるのでしょう。

今回は手取り15万円でも年間30万円の貯金ができる方法を紹介します。

手取り15万円の人が年間30万円の貯金を目指す方法①お金の出入りを管理する

手取り15万と、手取りの額に生活の余裕はなかなか感じられない方が、その中でもしっかり貯金するためにまず徹底しなくてはいけないことは、お金の管理です。

お金の管理はできているようでできていない方も多く、実際に給料日を迎えて日数が経った頃、「何に使ったんだろう?」と頭を抱える方は多いと思います。

給料日を迎えてすぐはそれなりにやりくりのモチベーションも高まるのですが、実際計画通りにいかなくなると、お金の管理が雑になるという方も多いのではないでしょうか。

私もその一人であります。

給料日前に今月こそはと気合を入れて、ノートに支出日など書き出しますが、実際に手元からなくなるお金と、また通帳から引き落とされる額などが計画と異なるとやる気を失います。

もちろん予想金額よりも安く支出が済めば違うのでしょうが、生活していると予想外の出費などが出てくるので、どうしても赤字の傾向に傾き、計画からズレるとやる気低下の原因になってしまいます。

特に手取り金額が多くない方は、無茶な計画を立てるのは禁物です。

少し数字に違いがあっても持ち直すだけの気合があればいいのですが、手持ちのお金が少なくなるとなかなか難しいものです。

手取り15万円でも年間30万円、貯金を目指すのであればまずは理想的な計画を立てることが重要になります。

これまで貯金しようと意識はあっても、なかなか貯金できていない方は、常に赤字傾向にある項目はないかを見直すことも大事なポイントですね。

お金の管理をするというのは理想的なお金の流れを作ることです。

できることなら10.000円内に抑えたい項目でも、毎月12.000円はかかってしまっている項目などがあれば、そこはお金の流れ的にも12.000円が理想ということです。

前月かかる固定の支出をできれば半年の流れから理想の計画を立てましょう。

季節によって変動する項目などはその安くなる季節にまとめて貯金できれば、年間の貯金を増やすことができます。

毎月必ずいくらの貯金というのが、理想とお金の流れから難しいと判断できるのではあれば、年間を通した貯金に思考を変えることも大事になってきます。

まずはお金の理想の流れを作るために、毎月のお金を管理し直しましょう。

手取り15万円の人が年間30万円の貯金を目指す方法②管理した上で現実的な数字を出す

お金の理想の流れをつかめてきたら、紙に明確に書き出し、現実的な数字を把握しましょう。

これは10月に10月分の数字を書き出すというよりも、年間のお金の把握が必要になるので、とりあえず1月〜12月、始める月から12ヶ月分を書き出しましょう。

まとめて年間の数字を出すことで、どうしても15万円ギリギリの月が出てきても補える月が見えるので、その分、貯金へのやる気を維持してくれる効果があります。

この方法は私も取り入れて、実際に年間を通した時に貯金に成功したやり方でもあります。

私はまずその月をなんとか計画通りに過ごすことばかり考えていました。

そして、ある程度少し貯金ができたら合格!

そうでない月は極端に赤字を出して、せっかくの貯金から崩してしまっていたのです。

しかし年間を通して見ると、支出額が異なるのは当然なんです。

税金の支払い月や、もし年払いにしている契約などがある方は、年払いの月にはまとまったお金が出ていきます。

-スポンサードリンク-

電気代は夏場上がりやすいです。ガス代は反対に冬場上がりやすいです。

毎月の支出額が全く変動ないという家庭の方が珍しい中で、収入は大きく変わらないのに、同じだけの支出額で同じだけの貯金をするという計画をスムーズにこなすこと自体難しいという点に気づかないといけないのです。

そのために、年間の中で支出が多い月には前月、前々月からうまく繰り越し額を用意するなどして、貯金を崩さなくても生活できるスタイルを作るようにしましょう。

私は大きな紙一枚に年間のお金の流れが見やすく管理できるようにしています。

縦に月を横列には支出項目を記入して、その月に支出のない項目が出てきた場所には、分かりやすく、繰越用として金額を明記してます。

支払いがある月は支払うはずのお金、支払いがない月に丸々貯金に回してしまっては、支出額の多い月に切り崩さないといけなくなり、気持ち的にも貯金のやる気が低下してしまいます。

どこかの月で支払いがある項目、その月には支払いがないと分かっていたら、普段の支払い額の半分、三分の一でもいいので、数字を明記し全てを足した合計額が支出額として管理しておきましょう。

そして、やりくり額から支出の多い月に繰り越して生活自体は貯金を崩さずともできるように計画を立てましょう。

繰り越し用の額と貯金額ははっきり分けた管理しておくといいですね。

生活の中で万が一の自体でも、なんとかその場で使えると金があるというのも、心にゆとりを持ちながら貯金ができる環境を作るコツです。

ですので、 手取り15万でも年間30万円の貯金を目指すのであれば、お金の流れをしっかり把握し、さらにそのお金を年間で動かす計画を立てることが大事になってきます。

手取り15万円の人が年間30万円の貯金を目指す方法③徹底した節約と緩さを両立させる

ここまでの方法が徹底できたら、手取り15万円でも30万円の貯金は可能です。

ですが、少し窮屈さを感じることも出てくるでしょう。

毎月一定の貯金が目指せるわけではないので、貯金通帳が毎月潤うことはないですからね。

どこかにそれなりの額のお金を貯めることができて、やっと貯金も楽しめますが、始めてすぐの時期というのは年間30万円の貯金のそのゴールが遠く感じて、途中で挫折してしまうこともあります。

そんな時でもしっかりゴールに向かうためには、貯金のためだけに生活するというスタイルを辞めることも必要になります。

年間30万円貯金のためだけに1日1日を過ごすのはとても苦です。

お金の流れが管理でき始めて、しっかり目標達成に向けて意識を高めることができたら、時に息抜きも必要です。

そのために心がけて欲しいことは、もしかするとここは徹底することでさらに節約できるかもという項目を見つけて欲しいと思います。

これが限界の数字と思っていても、節約の意識を高めることで、より効率役お金を動かすことができるようになります。

その中でここは徹底して節約する項目を出すことで、そこで節約できたお金は自分の好きなものに使ったり趣味に使うようにしましょう。

年間通しての貯金は、365日の戦いです。

常に戦闘モードでは心がついていきません。

お金の流れから徹底して抑えるところは抑えるけど、自分の自由なお金も手にするという形に変えることで、楽しくしっかり目標額を達成することができます。

まとめ

いかがでしたか?

手取り15万円と聞くと生活できていればそれはお金のやりくりが上手な人と考えていた方も、手取り15万円でもお金の流れ、そして管理を徹底することでその上の貯金をすることができます。

まずは計画を立てるためにお金の流れについて把握しましょう!そして手取り15万円でも年間30万円の貯金を目指しましょう!



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です