フルスイングーお金じゃ絶対に買えない価値があるnewsの名曲【動画あり】

-スポンサードリンク-

フルスイングというnewsの名曲

ジャニーズの人気グループ「NEWS」

ファンの間では密かに名曲として知られていましたが今、名曲フルスイングが日本中で有名になりつつあります。

私も以前からニュースのファンでずっと応援をしてきました。

実際、このフルスイングがリリースされ、(正確にはチャンパリーナのカップリング曲)初めて聞いた時に、あまりにもそのメンバーの姿と被ってしまい号泣しました。

お金では絶対に買う事の出来ない4人の絆。友情、感動。

今回は、NEWSの名曲「フルスイング」についてまとめました。

フルスイングが生まれたきっかけや曲の意味って?

newsはもともと9人で2003年9月にジャニーズからデビューしました。

当時、そのメンバーの知名度、人気度からジャニーズ事務所としても、ファンの間でも期待のアーティストとして華やかしいデビューを飾りました。

しかし、デビューの3カ月後には現在、oneokrockの中心メンバーとして活躍する森内貴寛さんが脱退。

その後も、内博貴さん、草野博紀が不祥事により続けて脱退をしてしまいます。

当時、中心メンバーだった山下智久さんが「もう悲しませないから」といった発言はあまりにも有名でした。

その後は残った6人で活動をするのですが、2011年、NEWSにとってとても大きな出来事が起こります。

NEWSの中心と行っても過言ではない山下智久さん、錦戸亮さんが同時に脱退を発表。

ネットや新聞ではNEWSはもう終わってしまったのではないだろうか。

これは解散するしかない。

残った4人って誰?

などひどい事を言われました。

正直、私もこの時はもう駄目だ。。。ニュースはきっと解散してしまってもう会う事は出来ないだろう。と思ったのを今でも覚えています。

解散危機から復活が生んだ名曲フルスイング

その後、グループは9カ月ほどほぼ無活動状態に。

この時に作られた名曲が「フルスイング」です。

解散を乗り越えて作られた名曲フルスイング

NEWSは2人のメンバーの脱退から9カ月後、4人になって初めてのシングル、「チャンカパーナ」をリリースします。

このチャンカパーナのカップリング曲がフルスイングです。

昔からNEWSの曲の多くを手掛けてきたヒロイズムさんが作詞から作曲、編曲までを行っています。

その歌詞があまりにもNEWSのメンバーの姿を語っていると当時ファンの間では大きな話題になりました。

のちに、テレビ番組でメンバーの小山慶一郎さんが、本当はフルスイングをシングルとしてリリースして良いくらい。ただ、あからさま過ぎるから。

というような事を言っていました。

フルスイングの歌詞はこのような一節から始まります。

-スポンサードリンク-

立ち止まっていたとしたって。ここで終わりじゃなくて。

そう何度だって賽を振れ
願いを込めた フルスイングで。

どんなに辛くて厳しい状況になったとしても立ち止まっていたってしょうがない。

何度だって挑戦して復活してやる。

私はフルスイングにはこのような思いや意味が込められているのだろうな。と思いました。

やばい。。。今、この記事を書いていても泣けてきました。

きっと本人たちは本当につらかったのだと思います。

事実、NEWS復活コンサートである秩父宮ラグビー場での公演でフルスイングを歌ったのですが、メンバーはみんな号泣。

加藤シゲアキは涙でフルスイングのパートをしっかりとうたう事ができませんでした。

普段、ファンの前ではなかなか涙を見せる事の無い、手越祐也さんも涙を隠し切れず客席の後ろを向いて涙を拭っていました。

でも、フルスイングの歌詞のように、あの時解散せずに頑張り続けてきたからこそ今のNEWSがあるのだと思います。

そしてフルスイングの発売から5年がたって、newsは再ブレークを果たし、24時間テレビの司会に抜てきされたのです。

苦難を乗り越え再びブレイク!フルスイングをひっさげ24時間テレビにも出演

フルスイングの発売以降、徐々に去って行った昔のファンも少しづつ戻ってきたリ、新しいファンも多くつくようになりました。

増田貴久さんが念願にしていた東京ドームでのコンサートも行えるようになりました。

最初の復活コンサートも東京ドームで行いたいという気持ちが強かったようですが事務所や主催者側からOKが出ずに悔しい思いをしたようです。

2015,2016年に行われたツアーではどの会場も満席、チケットもソールドアウトし、チケットキャンプやヤフオクなどで高値で取引されるくらい人気に。

そして24時間テレビの司会に抜擢されたのです。

私は24時間テレビでは絶対にこのフルスイングがクローズアップされる。と思っています。

メンバーの気持ちにもマッチしているのも大きな理由ですが他にも理由があります。

障害に悩む人、普段の生活の中でやる気を出せない人、何か目標があって頑張る人。

今、とても辛い思いをしている人、フルスイングは私たちにとっても大きな応援歌となります。

生きていく上でどうしたって辛い事や困難は誰にだってあります。お金や権力だけではどうしようもない事もたくさんあります。

そんな時にこの名曲フルスイングを聴く事で立ち向かう勇気と力をもらえます。

そう。辛くたって、負けそうになったって、ここで終わりじゃない。何度でも立ち上がればいいんです。フルスイングで。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です