dmmバヌーシーってどうなの?一口馬主になる費用と5つの魅力をFPが教えるよ!

-スポンサードリンク-

dmmバヌーシー5つの魅力とメリット・デメリット

馬主になって一儲け!なんて夢の話ではなくなっています。

いまや、どんなお金儲けも誰にでもチャンスがあるといいっていいほど、さまざまな方法でサービスが提供されています。

その一つにお金持ちのみが楽しめる遊びというイメージの強い馬主になり配当金を増やす方法も、あなたにもチャンスがあるのです。

dmmバヌーシーってなに?

皆さん、dmmバヌーシーって聞いたことありませんか?

競馬場に足を運び、その日に目をつけている馬に投資してレースを楽しむことが限界と感じている方も、dmmバヌーシーというサービスを知ることで、また違った楽しみを感じることができます。

dmmバヌーシーは、愛馬会法人とクラブ法人の2つの法人から成り立っています。

少し難しいですね…簡単に仕組みを理解できるように説明します。

これまでは競走馬を購入し、その馬の出場するレースのたびにその結果分の配当金を手にすることができる、いわば私たちのイメージに強い、お金持ちが馬に投資をするという仕組みで楽しんでいる方の大半は愛馬会法人に加入しています。

馬を購入するなると多額のお金が必要です。

馬の購入なんて限界があるという方でも競馬場で楽しむことができますよね。

その少額で楽しむ方が加入しやすい仕組みを取り入れているのがクラブ法人です。

dmmバヌーシーはどちらの法人であっても加入することができるサービスを提供しているのです。

クラブ法人だからと無料でレース参加時のみにお金をかけるというわけではありません。

法人に加入する際には10.000円の出資金は必要になります。

でも、その後の追加料金は不要です。

レースのたびにお金をかけて、数回足を運ぶだけでも10.000円という金額は使ってしまいます。

そこで法人という形で出資し、そのサービスを受ける方が賢く、さらに楽しく遊ぶことができます。

では、dmmバヌーシーの魅力について紹介します。

dmmバヌーシーの5つの魅力

dmmバヌーシーの魅力はなんといっても、最低10.000円で出資した競走馬の毎回のレースの賞金の分配を受け取ることができるという点です。

法人に加入をしていなければ、賭けることができなかったレースでの分配はもちろん受け取れませんよね。

競馬好きの方なら、お気に入りの馬がいると思います。

思い切ってdmmバヌーシーに加入し、競馬場に足を運べない時でも、レースの結果に応じた分配を受け取れるシステムから、賢くお金をかけてみてはいかがでしょう。

そして2つ目の魅力は10.000円で出資することで追加の支払いが不要という点です。

引退までの育成費用も含まれているので、さらに追加でお金を支払わないと法人を辞めされられるという心配もありません。

追加料金は無し!

でも出資した馬の早期引退という事態では購入代金の一部が返金されるという制度は3つ目の魅力です。

条件はありますが、せっかく出資してもこの先どれだけ走れるか不安で出資できないという不安もなくなりますね。

dmmバヌーシーは複雑な手続き、面倒な書類集め無しで簡単にオンラインで口座の開設が可能です。

さらにオンライン完結、簡単にdmmバヌーシー加入できるので、始めるまでの手間もありません。

そして競馬好きの方というのは、ギャンブルへの刺激を求めていると思います。

そんな刺激をゲーム感覚で楽しめるように専用のアプリで簡単に操作でき、楽しめるというのが最後のdmmバヌーシーの魅力です。

今までと違った感覚でさらに楽しみが増えることで、やり方を間違えると危険ですが、その楽しみのために生活にも覇気で出るなら、いい事づくしですね。

dmmバヌーシーのメリットとデメリット

dmmバヌーシーはこれまでの競馬の楽しみを変えてくれる仕組みで、お客さんにサービスを提供しています。

-スポンサードリンク-

使い簡単で、すぐに始められるというのがメリットです。

皆さんが気になるのは賞金の分配方法ではないでしょうか?

先に簡単に理解できる、賞金の分配方法についてまとめます。

使いやすさ、理解のしやすさもメリットになるdmmバヌーシーの分配方法は3つに分けられます。

1つが都度分配で2つ目が年次分配、そして引退精算分配という3つの方法でお金を手元に受け取ることができます。

都度分配とは?

都度分配はレースの賞金や賞品売却分配金、保険料解約返戻金、そして事故見舞金及び競走取り止め交付金のようにレースが取りやめになった場合、レースが不成立になった場合などのその都度分配される分配方法です。

賞金等を受領して、営業者報酬を控除した後に原則7営業日以内に分配します。

年次分配とは?

年次分配は年間(4月1日から3月31日)に出走して獲得した賞金から、賞金交付時に係る源泉徴収所得税、利益分配に対する源泉徴収所得税などを控除し、計算期間終了後に翌年中、分配する分配方法です。

引退精算分配とは?

引退精算分配は文字通り、出資馬の引退時に競走用馬登録抹消給付金・同付加金・売却代金などの運用管理費を控除し未使用分を引退精算分配の方法で分配します。

引退精算分配は出資馬の登録抹消・死亡などが理由で分配されますが、分配の時期は引退・運用終了した年の翌年中、清算され分配されます。

dmmバヌーシーはレース結果の賞金や、出資馬の環境、レースの状況などから3つの分配方法で分配しています。

理解するのに難しくないと思いますが、この時はどうなるんだろう?という大事なことなので、しっかり知識を身につけておきましょう!

すぐに賞金が売れ取れないのがdmmバヌーシーの最大のデメリット

dmmバヌーシーは簡単に登録ができ、保証面に関しても安心なのですが、ここまでの話で「えーー!」と感じている方も多いであろう…買ったレースその日に分配金が手にできないというのが最大のデメリットですね。

競馬場に足を運び、そしてレースが終わったその時点で買ったお金を手にするのも、醍醐味ですがdmmバヌーシーの場合は分配方法により、分配金が分配されるタイミングが異なり、その日にその場でということができません。

またdmmバヌーシーである方の中でもクラスが分かれているので、受けられるサービスもやはり異なります。

クラスが上がれば上がるだけ、競馬場馬主席への入場に抽選で入場することもできます。

優勝時口取り式への参加も、また抽選に参加することで式に参加することもできます。

近くで馬を見たい!

そんな夢もクラスが上がると牧場訪問や実馬見学が可能になるなど、より馬との時間を楽しむことができるのは、ハイクラスの加入者のみという点もデメリットかもしれません。

でも競馬が好きな方であれば、すぐに理解しやすい仕組みでより競馬の楽しみを感じさせてくれるという点ではdmmバヌーシーはやはり馬好き!競馬好きの方にはオススメです。

仕組みを理解して、また違った楽しみを感じたいという方はいかがでしょう。

まとめ

お金を馬に出資するということに関しては賛否両論あるでしょう。

でも私はその楽しみが生活の糧になっているのであれば、上手に運用する一つの方法だと思います。

上手に賢くという点では、今回dmmバヌーシーを紹介しましたが興味を持ってくれた方は是非、始めてみてはいかがでしょう。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です