葬式代が払えない!葬儀にかかる平均費用の相場と少ない予算で行う方法

-スポンサードリンク-
葬儀費用

葬式代の平均相場と安く済ませる方法

一般的な葬儀費用はどのくらいかかるのでしょうか?親も高齢になってきたし万が一に備えて知っておきたいですよね。

調べてみたところ、一般財団法人 日本消費者協会による第10回「葬儀についてのアンケート調査」では葬儀一式費用に122万円、通夜からの飲食接待費に34万円、寺院に費用で約45万円、と合わせて平均して188,9万円がかかるそうです。
(参照URL https://www.koekisha.co.jp/price/?gclid=CjwKEAjwka67BRCk6a7_h_7Pui8SJABcMkWRl3n-Ubp015h3bJS-shASl7wBkwYgS6MPKQR8af6AqRoCXLbw_wcB)

結構お金がかかりますよね。

それでは、金銭的に余裕がない場合はどうしたらよいのでしょうか?

今回は少ない予算で葬儀を行う方法について紹介していきます。

 

1.火葬式(直葬)にする

墓参り

火葬式(直葬)とは一番シンプルな葬儀のやり方で、通夜・告別式を行わずに火葬だけを行う方法です。

時間がかからずに、体力的にも精神的にも負担の少ないやり方です。

値段の相場も10万円~20万円とかなり安いです。

自分の親に火葬式だけとなると躊躇しますが、経済的に困窮していてやむをえない場合は火葬も1つの方法としてあります。

 

火葬だけではあっけなさすぎるという場合は火葬をする前に自宅出棺にして、自宅で手料理を出してこじんまりとしたお通夜をすることもできます。

また、火葬の1時間前に葬儀社の斎場を借りて、故人をしのんでお別れをすることも相談すれば可能な場合があるそうです。

その場合は火葬で20万円、会場設営費で5万円、火葬場のみでの僧侶のお布施代で5万円かかるそうです。

詳しくは葬儀屋に確認してみましょう。

 

2.家族葬にする

家族

家族葬とは儀礼的な弔問等をなくした、家族中心でおこなう葬儀のことです。

一般の葬儀を小さくした形で通夜や葬儀・告別式・火葬といった一連の儀式は通常通り行います。

家族や親族だけで葬儀を行うか、個人とごく親しかった友人だけを招いて葬儀をするので費用も抑えられます。

家族葬の相場は首都圏で約94万円、近畿圏で約89万円です。
(参照URL https://www.koekisha.co.jp/fee/)

 

3.市民葬や区民葬にする

葬儀

市民葬区民葬とは市民や区民の負担を軽減するために各自治体葬儀屋が提携して行われるプランのことです。

市民葬や区民葬を利用できるのは

①自治体に住んでいた人が亡くなった場合
②自治体に住んでいる人が喪主として葬儀を行う場合

に限られます。

低価格最大の魅力で自治体が認めた提携の葬儀屋が行うので安心ですが、必要最低限のサービスしか含まれておらず、追加料金がかかる場合が多いので注意が必要です。

-スポンサードリンク-

相場は各自治体によって異なりますが、50万円以下で行うことができる場所もあります。

 

4. 小さなお葬式、アーバンフューネスなど低価格のプランを提案する会社を選ぶ

葬儀

小さなお葬式(参照URL http://www.osohshiki.jp/ )という会社は低価格で追加料金一切不要のプランを提供しています。

また、名前のとおり小規模なお葬式から100名までのお葬式プランも揃えています。

全ての都道府県でお葬式に対応できる」のも魅力的です。

株式会社アーバンフューネス(参照URLhttp://www.urban-funes.com/ )は、葬儀の質の高さでNHKやガイア夜明けなどで紹介されました。

一円単位の明瞭な見積書をスピーディーに提示し、緊急の葬儀にも対応が早く、満足度が高いです。

また、サービスに満足しなかった場合の「返金対応」があります。

 

5. 通夜を行わない一日葬にする

お坊さん

一日葬とは通夜を行わず、告別式から火葬までを一日で行う葬式のことです。

従来の葬儀形式にとらわれない新しい形の葬儀です。

通夜を行わないですし、その分のお清め料理やドリン代もかからないので料金が低価格になります。

ただし、親族以外の方は声をかけにくいというデメリットもあります。

 

6.一風変わったバルーン宇宙葬は低価格

風船

この文章を書いている筆者は以前から葬儀はバルーン宇宙葬(参照URL http://www.balloon-sou.com/price.html )で、と決めています。

バルーン宇宙葬とは、風船散骨を入れてに飛ばすというやり方です。

死んだあとはお墓も要らないし、今のところこの世に特に未練もないので供養もいらない、儀式的なものはいらない、お金もかけたくない、自然に還してほしい、風船で散骨できるなんてロマンがある、と思っているためです。

バルーン宇宙葬は基本葬儀費用が24万円で自宅・空き地で行う場合は無料ですが、管理所有地を借りて行う場合はお金がかかります

また栃木県以外で葬送を行う場合は、次の出張経費がかかります。

①交通費/高速代・ガソリン代等は実費  * 宿泊代1万円(一人)
②スタッフ日当/1日一人10,000円×2人(但し実施日はかかりません )

また、散骨する前に別と火葬と、遺骨粉末化料金20,000円がかかります。

それでも一般の葬式に比べると費用は少なく済みます。

 

まとめ

墓地

生前に親に葬儀はどうしたいか、それとなく聞いておくのもよいかもしれません。

あまり自分の葬儀にお金をかけたいと思っている人も少ないでしょうし、親の希望も聞けていいと思います。

中には自分の葬儀を火葬だけでいいと言ってくる人もいるそうですが、逆に残された家族が火葬だけでは納得しないというケースも多いようです。

葬式というのは故人のためではなくて、残された人たちの気持ちの整理をするために行うものなのかもしれませんね。

 



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です