生活費が足りない!お金が無い人必見の生きていく手段8選

-スポンサードリンク-
貯蓄

生活費が足りない!お金が無い時に出来る金策

生活費足りないという状態・・・。これはかなり焦るシチュエーションではないでしょうか。頑張って稼ぐしかありませんし、短期・長期的にも家計を健全にしなくてはいけません。お金を稼げるお仕事の他、家計の助けとなるアイデアをご紹介します。

 

1.寮付きの仕事をする

寮

に入れる仕事であったら、家賃が丸々浮きますよね。家賃は生活費大部分を占める項目なので、ここを削減できるのは効果が大きいです。万年、金欠状態が続いているのであれば、思い切って寮付きの仕事に変えてみましょう。
フロムエーナビ:https://www.froma.com/FW_000179/

 

2.シェアハウスに入居する

シェア

これも家賃を削減する思い切った方策です。今、シェアハウスもたくさんの物件があり、シェアと言ってもプライバシーが完全に確立されており、他の住人とは全く顔を合わせないというハウスもあります。ただシェアの特徴から、光熱水費は当然安くなりますし、ハウスによってはタダというところもあります。引っ越しにはお金が掛かりますが、長い目で見て得になるようであれば、思い切って入居も良いでしょう。
OAKHOUSE:https://www.oakhouse.jp/

 

3.市営住宅や県営住宅に入る

ホーム

これも家賃削減する一策です。市営や県営住宅は抽選がありますが、2,3ヶ月に1回募集されており、入る事ができれば大幅に家賃を浮かすことができます。この場合も引っ越し費用はかかりますが、長い目で見ればプラスのはずです。入居費用は収入によって決まる場合が多いようですので、収入が少ない人の方がお得感は強いはずです。一度お住まいの地域の公営住宅を調べてみることをお勧めします。
川崎市住宅供給公社:http://www.kawasaki-jk.or.jp/shiei/

 

4.賄い付きの仕事をする

アルバイトする男性

これは食費が浮くパターンです。賄いを食べさせてもらい、お給料も貰えるなんて、こんなに助かることはありません。賄い付きの仕事は当然、飲食業なので味も質も良いはずです。賄いでたくさん食べて、家ではあまり食べないなど、その威力と効力を最大限、家計に反映させましょう。
タウンワーク:https://townwork.net/merit/prc_0026/

 

5.治験治験ボランティア(有料)をする

ボランティア

治験とは、動物実験をクリアした薬剤の安全性や効能を人の身体で確かめる調査のこと。これに協力する人のことを「治験ボランティア」と呼びます。ボランティアなので報酬ではないのですが、謝礼としてかなりの金額が貰えます。

-スポンサードリンク-

5日ほどの入院を伴う治験では、1回につき約10万円くらい貰えます。その他、日帰りの治験もあります。治験は不健康な人ほど対象となり易いので、身体が弱い人は有利かも知れません。一度、検討してみるのも良いでしょう。
Vob:http://www.vob.jp/

 

6.覆面調査員をする

覆面調査

こちらは主婦が多く活躍する職業です。別名、ミステリーショッパーとも言います。ある企業に調査員として派遣され、小売店や金融機関、飲食店などのサービスやスタッフの接客態度を調査するのが仕事です。毎日仕事がある訳ではないですが、季節によってはまとまった依頼があることもあり、家計の副収入として助かることもあります。自分の都合の良い日時に、短時間で効率良く稼げるので、正に主婦にピッタリの仕事といっても良いでしょう。
Medif:https://medif.jp/

 

7.懸賞サイトで稼ぐ

スマホと女性

外にはあまり働きにいけない、という方にはこの方法がお勧めです。スマホ1つで稼げます。クレジットカードを作る、会員サイトの会員になる、マンションや講座の資料請求をする、保険の見積もりを取るなどで、お金に変えられるポイントが貰えます。

懸賞サイトのポイント付加は、1ヶ月半~3ヶ月と時間がかかるのがネックなのですが、それでも1回のアクションで数百円~数千円は稼げる案件も多く、徹底的にやれば10万円稼ぐことも可能です。クレジットカードを新規で作った場合は1枚につき4,000~6,000円貰えることが多いですので、単純に10枚カードを作ったら4~6万円の稼ぎになります。その他にもFX口座を開設し、実際に取引する作業も実入りは大きいです。

その他、ゲームをダウンロードしたり、アプリをダウンロードするだけでもポイントが稼げます。地道にやると、結構馬鹿にできない金額となりますので、暇な時にはダウンロードしてお金を稼ぎましょう。
懸賞サイトにゃんだふる:http://www.nyandaful.jp/index.asp
タダポ:http://tadapo.com/user/index.php

 

8.行政のサービスを利用する

相談

行政では収入が少ない家庭を対象に、就学支援や、無金利の高校奨学金、ひとり親向けの児童扶養手当や就労支援などのサービスがあります。教育費は結構、家計の負担となる場合もあるので、困っている場合にはこういう行政のサービスは解決力になる場合も多いです。

思い切ってひとり親になった方が、生活が楽になる場合もあります。本当に困っている時は、役所のカウンターに行って相談してみるのも1つの方法です。何か享受できるサービスがあるかも知れません。
就学援助制度(横浜市)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/soudan/soudan1000-shugakuenjo.html
高等学校奨学金(神奈川県)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f324/

 

生活費が足りない!お金が無い人必見の生きていく手段8選まとめ

生活費が足りないという状態は、心身共に不安定となるものです。ですが、単発でできる仕事も結構ありますし、事情があって外に出られない場合でも今の世の中、スマホ1台でお金を稼ぐことも可能です。

毎月、生活費が足りないという場合には収支のバランスが悪いことが考えられますので、家計簿をつけて確認してみて下さい。家計は家庭が健康な生活を送るための必要な経費です。家計が健全でないと、家族も健全とはなりません。家計の早期健全化を目指し、毎月少しでも貯金ができるようにしていきましょう。

家計簿

-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です