お金を貯める方法~平均収入より低くてもお金を貯める方法5選

-スポンサードリンク-

平均年収という言葉に過剰に反応してしまっていませんか?平均年収より低いとそれだけで全てにやる気を失います。生活できているからいいや!前向きに考えられる人は少ないはずです。

でも平均年収より低くてもしっかりお金を貯められる自分!そんな生活ができるも自信につながり、貯金を始めることで生活の中に楽しみが増えます!

お金を貯める方法①一度家計の見直しをする

平均年収より低い時にまず行うべきは、家計の見直しです。お金を貯めるのであれば家計管理は必須項目になりますが、平均年収より低いと考えてしまうとお金を貯められなくても仕方ないと少し家計管理への意識を低くしてしまいます。

家計を見直す際には細かい支出項目すべての見直しが重要です。家賃や駐車場代、個人で保険に加入さはている方は保険代などの毎月変わらない固定費に関しては、頭の中で数字を明確にできているかもしれませんが、公共料金や通信費などの毎月変動する数字を大まかにしか把握していない傾向にあります。

しかし変動する支出も、見直すことで抑えることができるようになります。夏の暑い時期に電気代が上がっていることを自覚することでエアコンの使用方法を考えます。冬場のガス代が上がることも意識の変化につながります。

暑い時期にエアコンを使わない!という極端な節約法ではなく、使い方を変えるためにどうしたらいいか…寒い時期に温効果を高めるために節約しながら取り入れられることはないか?こうした点に意識を向けることで変動する支出にも数字で変化が現れます。

少しの節約も年間通すことで、貯金に回せるだけの額に変わり、お金を貯めることができるようになります。平均年収より低い時、お金を貯めるためにまず始めることは家計の見直しです。

お金を貯める方法②断捨離を行い売る

そして次に取り入れて欲しいことは断捨離することです。自宅に不要なものがあると思います。実際年収の高い方は、自宅に不要な物を置かないという意識が高くなります。

なぜでしゃう?お金があるなら必要・不要関わらず欲しいものを購入すればいいのに…でも、実際は違うのです。金持ちほどケチなんて言いますが、お金のある人、余裕のある人ほど買い物時に必要・不要の判断が厳しくなります。

自宅を綺麗に保ちたいという気持ちが強いという点からも、なるべくシンプルをこだわります。自宅を綺麗に保つことで、本当に必要なものは何かが明確になります。その必要なものだけを自宅に持ち帰るので、綺麗な状態は保ちつつ、無駄な出費を抑えています。

節約できない人の傾向として、自宅に無駄なものが多いというのはあながち間違いではないでしょう。自宅に無駄なものがあることで、どこに何があるか?本当は自宅にあるのに分からずにまた購入してしまいます。

平均年収が低くてもお金を貯めるためには、自宅に本当に必要なもの、そして不要なものを厳しく判断してください。そして不要なものは捨てるのではなく売れるものは売る!しっかりお金に変えましょう。

お金を貯める方法③毎日の生活を変える

自宅が綺麗になると、自然と生活スタイルが変わります。この流れに持っていくことも、お金を貯める環境作りに欠かせません。

想像してみてください。以前より自宅が綺麗になりました。すると台所やトイレなどの水回りが綺麗になると、その状態を保ちたいと考えます。リビングに必要なものしかない状態を保ちたいと考えます。

-スポンサードリンク-

今まで出社、ギリギリに起床し慌てて朝食を用意し、汚れたままで家を出るということが嫌になります。時間に余裕のある生活から、部屋を綺麗に保ってから家を出て、綺麗な状態の家に帰りたいと心理が芽生えます。

こうした生活スタイルの変化も、実は節約につながり、お金を貯められる環境になります。部屋が汚い状態で部屋の掃除から始めないといけないとなると、自炊の時間を確保することができずに、コンビニでご飯を買ってしまいます。

台所が汚いと使用したいフライパンを洗わないといけないので、面倒になりレトルト食品に手を出します。部屋が汚いからと部屋を掃除することを始めるのではなく、その状態でも生活しようとするとどうしても無駄なお金がかかってしまいます。

平均年収が低い方すべてが部屋が汚いというわけではありませんが、どうしても部屋が汚い傾向にあるという点から考えられ無駄な出費を抑えるための方法です。心当たりのある方はまず意識を変えましょう。

お金を貯める方法④スキルを身につける

この先もずっと給与が上がる見込みがないと分かっている場合、生活の中で抑えられる支出をうまく抑えながらスキルを身につけるためにお金を使いましょう。

スキルを身につけるとなると、必要な教材の購入や、時間を費やし、働く時間をカットしなくなることもあります。しかしスキルを身につけることで今よりも高い給与の仕事に就くことができたら、自然とお金に余裕のある生活ができるようになります。

どんな環境でも節約すること、お金を貯めることに必要な家計の見直しは前提として行わないといけませんが、どこにお金を費やすかは、この先の生活を考えることで人それぞれ異なります。

年功序列制度もなくなりかけるこの時代。平均年収より低い給与しか頂けないと分かったら、今お金をかけるべきはどこなのか?を考えることも将来の貯金額を考えた上では必要なことです。

今できる節約法を取り入れたら、次にステップアップすることも重要になるのです。

お金を貯める方法⑤最終的に仕事を変える

そして最終的に平均年収より低くてもお金を貯められる環境を作るためには、やはり毎月いただける給与を上げることではないでしょうか?

きっと平均年収より低いという状況は、常にモチベーションを保つことはなかなか難しく、投げやりになってしまうと思います。平均年収より低い中でもお金は貯められる!自分にかけるお金を確保できる!という気持ちも大事ですが、結果…頑張ってもこれだけか。という気持ちをなくすことはできません。

平均年収より低いからと貯金ができずにお金を貯められないわけではありません。生活を変えることでうまく貯金はできます。こうした考えを持ち、行動できるのであれば、さらに貯金額を増やすことを考えましょう。

自らのスキルを高めるために費やした時間とお金の結果として、毎月いただく給与を今の職場でも上げてもらえるのであれば理想ですが、難しいと判断するときは思い切って、仕事を変えましょう。

生活が困難な時期でも、しっかりお金の管理ができる意識を高く持てた方なら、増えた分の給与はその分貯金することが出来ます。

まとめ

いかがでしたか?結果として仕事を変えるかどうかは環境次第です。

しかし平均年収より低くても意識を変えることでお金を貯めることができるということは理解できたと思います。

決してわたしの年収は高いものではありません。

それでも今の仕事が好きで続けていますが、将来への不安はないかと言われると自信はありませんが、毎月少しでも貯金に回せています。参考にしてみて欲しいと思います。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です