今すぐに出来る!月間1万円節約してお金を浮かすアイデアと方法

-スポンサードリンク-

毎日の生活を快適に暮らしていくという事はなかなか大変なものです。日本も徐々に格差社会が問題となり始め実際にその差に疑問を持ちながら暮らしている人が殆どでしょう。

暮らし方や働き方が激しく変動しているのですね。私達はそれにつぶされないよう自分の生活を守っていかなければなりません。

生活していく上では健康とお金が必要ですね。健康に関してはいくらしっかりと予防していても自分の思い通りにならない事はあります。

しかしお金に関しては、ほんの少しの努力と工夫で一ヶ月に一万円ほど浮かす事は出来るのではないでしょうか?

お金を浮かす為の第一歩!要らない物診断をしてみよう!

一ヶ月の中でのお金の動きを把握していますか?家計簿をしっかりつけて頑張っている人も多く、決められた収入の中から毎月の必要になってくるお金には頭を悩ませてしまいますね。

だから「今日も先月もマイナスだ」というような事は続けたくありませんよね。それには一ヶ月に一万円ずつでも節約する習慣を早く始めなければいけません。

現実はどうなっているのでしょう。今、これまで見たくないと目をつぶってきた物に対して心を鬼にして確認する時なのです。

ここでは家計簿は無くても大丈夫です。

まず、レシートをすべて確認できる状態にしましょう。

これまで何となく財布の中に入れていた人も意識して管理する事が必要です。それらのレシートをまとめたら一つ一つにチェックを入れていきます。

そこは必ず必要な物とそうでない物を明確にしていく作業です。これは「買っておくと使えそう」とか「安かったからまとめて買った」とかでの買い物が意外に無駄になっている事が多いのです。

結局使わずまとめ買いをした食材などは腐らせたり捨てた経験のある人もいますよね。

「そう言えば買ったなあ」と忘れてそのまま放置されていたという事もありますね。

「今年流行なので」という理由で買った洋服等も着てみたら、又はつけてみたら自分に似合わなかったからとクローゼットの奥の方にタグが付いたままという事も多いのでは?

それらの要らない物診断が必要です。それが出来れば節約への道を一歩進んだことになりますからチェックした物を書き出して目につく場所に貼っておきましょう。

そして常にそれを見ておけば、次回からは要らない物が増える事は無くなりますね。

手元の一万円を保管して支出シミュレーション

次に今月の収入の中から一万円を抜き、すぐ使えない場所に保管しましょう。郵便局でも銀行でも良いのです。

そして、残りを一ケ月の支出の中に割り当てていくのです。現状チェックで支出として外せない項目がありますね。

まずそれらを書き出しましょう。そしてどの位の支出になっているかを確認するのです。その後、その支出額から減らす事の出来ない支出もありますよね。

-スポンサードリンク-

外している一万円を引かなければなりませんから、削れそうな項目を考えていきましょう。百円単位、千円単位くらいで少しずつであれば削れそうな項目はいくつかありそうですね。

一人暮らしであれば自分の決心一つで出来るのですが、そうでなければ他の家族にも協力を求めなければいけません。

支出シミュレーション表を作り、それぞれに渡したり皆が把握できる場所に貼って実行できるように話し合いをしておきましょう。

それが出来ればその支出シミュレーションで把握した項目別に現金を封筒類に入れて、そこから必要経費として出していくのです。

毎日のちょっとした節約でもお金を浮かす事は出来る!

そうは言っても交際費や冠婚葬祭費等は自分の意思だけではどうしようもできない場合もありますね。

特にお悔やみ事などは突然の事ですから、その時慌てなくても良いように少し多めの金額設定をしておいたほうが良いですね。そしてその部分がその月に残れば、即座に通帳保管をすれば良いのです。

他の支出として、毎日の食費や諸雑費での買い物は必要な物をメモして出かけましょう。その時、他の物からの誘惑に負けてはいけません。

せっかくの決心が水の泡となってしまわないようにメモをしたものだけを買ってきて、どうしてもそれが必要そうな物であれば次回の買い物に回すようにしましょう。

買ってきた食物は、野菜であればこれまで捨てていたような大根の葉等、工夫次第で美味しく食べられます。

簡単に捨てずに大切に使い切る事ですね。魚や肉等もパック詰めしてある多めの量の物は、小分けにしてラップで包み冷凍しておくとある程度の日持ちは出来ますから、ひと手間かかりますが何とか頑張りましょう。

その他公共料金としてかかる支出項目のガス・水道・電気も少しの工夫で随分変わってきます。

ガスは弱火が良さそうですが、実は中火の方がガスの燃料が少なくて済みます。水道は勢いよく蛇口をひねって水を出した方が気持ち良いのですが、そこからほんの少し絞りましょう。

しかしあまりチョロチョロと出しても、出し忘れという事も考えられますから気を付けなければいけません。

電気は常にメーターチェックをして無駄な使用を極力避けましょう。掃除は掃除機よりも、ほうきと雑巾でサーっと終わらせる方がかえって綺麗になりますよ。

通信料も欠かせませんね。ここはもう一度プランを見直しましょう。ショップの人とのコミュニケーション次第ではもっとお得な方法を教えてくれる場合もあります。

女性は美容にもお金がかかります。化粧は合う合わないがありますが、500円程度の物でも丁寧に使えば意外に良い結果が期待できる物もあります。

是非「先に抜いての一万円保管作戦」を実行してストレスの無い生活で毎日の私達の暮らしをより楽しくしていきましょう。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です