スロットにかかる平均軍資金の費用と勝った時負けた時の金額相場

-スポンサードリンク-
スロット

■スロットはあっという間にお金が消える…

現在若者の間で言う「パチンコ」は大抵スロットのことを指しています。

パチンコ屋さんに行くと、必ずスロットのコーナーが半分近くを占めています。

また、お店によってはスロットのコーナーが多めに設置されていたり、スロット専門パチンコ店もあるくらいです。

昔は若者が中心となりスロットを楽しむ傾向にありましたが、最近では若者だけでなく高齢者の方もスロットを楽しんでいる姿を見かけます。

 

しかし、スロットはパチンコよりもお金がかかります。

スロットで遊ぶと一体いくらお金がかかるのでしょうか。

こちらではスロットの費用と負けたときの金額相場を中心に紹介していきます。

 

■スロットをするのにかかる平均費用

お金

スロットはパチンコを打つよりも費用がかかります。

何故かといえばパチンコよりも換金率高いからです。

パチンコの換金率は1弾あたり3円程度、しかしスロットの場合はメダル1枚に対して13~20円とかなり高単価となります。

もちろん換金率はお店によって異なりますので、多少のずれこみはありますが平均しますとスロットコインの単価は16円程度といったところでしょう。

 

これだけ換金率が違えば、パチンコと同じ費用というわけにはいきません。

つまり、スロットの方が1ゲーム当たりにかける金額が高いということになります。

スロットの場合、大抵3レーンを同時に動かしてゲームを楽しみます。

つまり1レーン16円として16円×3レーン=48円。

ゲーム1回あたりに対してなんと約50円がかかっているのです。

しかも一瞬にして勝負がつきます。

スピーディーにゲームを楽しめて、しかも高単価。

これがスロット最大の魅力といえるでしょう。

ですから、運が悪いと一緒にしてお金を使い果たしてしまいます。

スロット

ある程度の時間、スロットを楽しみたいのであれば費用としてお財布に2万円以上を入れておくべきでしょう。

しかし2万円以上持っていっても、1度も当たりが来なければ1時間少々で軍資金が尽きてしまいます。

現在のスロットは、当たりなしで続ければ1時間で1万5千円~1万6千円程のお金を消費してしまいます。

その中で大きい当たりを引けば6~7千円となりますので、お金の減りは還元されますし連チャンすれば6~7千円単位で増えていきます。

当たりが来るまでの辛抱…と言うことで手持ちの軍資金は2~2.5万円程度が適正と言われています。

 

■スロットへ行くときは多くのお金を持っていかないこと!

お金

スロットでお金を使おうと思えばいくらでも使えます。

闇雲に台を選ばず打っていると1日10万円以上消費する可能性も十分あります。

上記にもしましたが、1時間で約1.5万円の消費率と言う事は、3時間続けただけで4.5万円の損失となります。

-スポンサードリンク-

6時間で9万円、さらに続けると10万円オーバーとなります。

 

こんなに消費率の高いゲームはなかなかありません。

ギャンブル性に関してはパチンコの数倍上をいきます。

ですから、軍資金として持ち歩く金額は2~3万円程度が適正なのです。

あまり多くお金を持ち歩いていると、負けたときに注ぎ込み過ぎるからです。

感情的になって1つの台に固執し、お金をつぎ込むことはスロットにおいてはナンセンスです。

もちろん、まぐれで当たりが来ることもありますが、その後勝ち続けるのは正直難しいでしょう。

 

■スロットによる負け金額の相場

お金

スロット打って負けた時平均相場2万円程度と言われています。

平均で1時間程度打って当たりが来なかったらそれでパッとやめる方が多いようですね。

 

しかし、中には何万円とお金をつぎ込む方もいらっしゃいます。

感情的になると、負けの金額も桁が変わってきます。

少しでも当たりを引いていれば、引き際も見分けることができるのですが…お金を飲まれてばかりですとそれすら見極められなくなるのがスロット怖いところです。

しかし、1度当たりが来ると連チャンしてあっという間に数千枚…ということもよくあります。

お金

スロットの人気は、当たりが連続するところ。

これが快感になって皆さん目の色を変えてスロットを打ち続けるのです。

一度でも当たりを引けば連チャンして負け分を取り返せる…!

こういった気持ちが強く、あり金を全てつぎ込んでしまうのです。

するといつの間にか数万円無くなっていた…という結果が待っています。

スロットの軍資金は2万円程度、それ以上は持ち歩かない!

これがロスを抑える秘訣です。

 

■スロットの危険性について

スロット

スロットは短時間で大勝ちすることもできますし、大負けすることもできます。

非常ギャンブル性が高く、それが故にスロットで身を滅ぼす方も大勢いらっしゃいます。

スロットをやるために消費者金融からお金を借りる…という方が意外に多いのが現実です。

 

しかし、他人や業者からお金を借りてまでスロットを打つようになったら、それはもう「中毒」です。

スロットの魔力に取り付かれているのです。

短時間で数万円稼げたから、今日も勝てる!

借金も連チャンすれば返済できる…!

スロットを打っていると、普段考えもしない思考回路となり泥沼にズブズブとハマっていきます。

 

たまに遊びのつもりで適当に打つのでしたら良いかもしれませんが毎日のようにパチンコ屋へ通いスロットに明け暮れることは正直お勧め出来ません

一番良いのは軍資金を2万円程度持って行き、そのお金が尽きたら大人しく帰ることです。

5万円、6万円もつぎ込むのも良いのですが、次第に金銭感覚が狂ってくるのでお勧めしません。

勝てたらラッキー。負けを引きずらず、適度に楽しむ!

これがスロットを楽しむ際の正しい心構えです。

スロット

-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です