半休でもできる!5000円以内で楽しく遊ぶ半休の使い方5選

-スポンサードリンク-

皆さん、こんにちは。突然ですがみなさんせっかくの休みが半休ってなるとどのように過ごしていますか?半日は仕事しているとなると、残りの時間は家でのんびり過ごしていませんか?私は少しの休みでも自分の楽しみの時間を過ごした方がいいと思うのですが、でも半休ってなるとなかなか楽しめる場所も限られてしまいますよね。

半休も有意義に過ごしたいけど何したらいいのかわからないという方に、コストも抑えて5.000円以内で楽しめる楽しみ方を紹介します!

5000円以内で楽しく遊ぶ方法①短時間で体験できるジム

まず私が1番オススメしたいのは、実際に体験してよかった短時間で安く体験できるジムです。実に少し興味はあっても年会費が高かったり、行けるかわからないから諦めたり、年会費を払っても、モチベーションが続かずお金を無駄にしたりなんてあると思います。

でも毎日仕事していると、時に健康的に体を動かし汗をかきたいなーなんて思いますよね。自宅で空いた時間で上手くストレッチや筋トレができる方も、また継続できる方も少ないと思います。

テレビに映る、モデルさんやアスリートを見て感化されながらもなかなか行動に移せないものです。私は仕事中に午後から休みだけど、自宅に帰るのも勿体無いなと考えながら、いろいろ検索していた時に、ジムの初心者限定の割引価格でジム体験ができるというサービスを目にして、初めて体験しました。

ジムってお高いイメージありますが、初心者限定の1日限りの割引料金を提供しているところは多いんです。なんと私が利用したジムは2時間コースで1.500円!5.000円の予算、全然足りますよね。

いざ、体を動かしてトレーナーさんがいろいろアドバイスくれるので、せっかく来たんだからと張り切ってしっかり1.500円分以上、楽しみました。初心者の方なら辛いと感じるよりも、一度は体験して見たかったという気持ちの方が大きいので、いろんな器具を使うことに楽しみを感じられます。

年会費を払っているんだからという気持ちもないので、存分に今日できる限り、体験しようとケチケチ精神も高まるでしょう。でも、本当に楽しかったです。いい汗をかいた!素直に思えました。自宅に帰ってただボーッとするより、とても時間もお金も有効に使えますよ。

5000円以内で楽しく遊ぶ方法②手作り体験

ジム体験で半休でも十分に楽しめると身にしめて感じた私は、半休予定があると、次は何をしようか考えるようになりました。そこで次に興味を持ったのが、手作り体験です。

皆さん、手作り体験って今では本当に多くの種類があるってご存知でしたか?手作り体験=料理教室というイメージばかり強かった私は、恥ずかしながら手作り体験できる種類の豊富さに驚きました。

そのおかげで、しばらく半休は何をしようか悩むことなくなったんですけどね(笑)まず料理のイメージが強すぎたので、私はお菓子作り体験に行きました。お菓子作り体験できるところも多かったのですが、私は費用の中に全て材料費などもコミコミで、エプロンの貸し出しも行ってくれるところを選びました。

仕事後そのまま行きたいので、あまり荷物を増やしたくないことと、材料を買いに行く手間も省きたかったからです。それでも私が手作り体験した日は、シュークリームを作りましたが、なんと1.200円で済みました。お菓子作りもできて、シュークリームも食べられて、シュークリームを食べながら美味しい紅茶もいただけました。女子だなーなんて感じながら楽しく体験できました。

そしてお菓子作りの前に本当は体験したかった、パワーストーン作りも体感しました。予約制だったので初めは予約いっぱいだったのですが、早めに予約を入れてパワーストーン作りも体験しました。費用は2.500円。

ジムもお菓子作りも安すぎて少し高く感じてしまいますが、自分で一からパワーストーンが作れるって嬉しいですよね。石の意味を考えながら、好きなデザインで作れます。パワーストーンは作られたものから意味を考えて購入していましたが、全て自分で作れるので2.500円以上の価値があると思いました。

さらにろくろ体験もしました。いつもワチャワチャ騒がしい私にろくろなんて回せるのかと思いながらでしたが、2.200円という安さに予約を入れ、少しおしとやかモードに切り替えて体験しましたが、これが大当たりです!

本当に楽しくて、手の中で形ができていくあの感覚は癖になります。一人一人違った形ができるんです。想像していた形よりもいびつに出来上がっても、すぐに愛着が湧いてしまうのが不思議です。ろくろ体験はまたすぐにでも行きたいと感じました。

また私は体験していませんが、女性なら楽しめるピアスやネックレス作りもできます。身につけるアクセサリーはお店でお気に入りを見つけても、もう少しここがこうだったら…なんて理想があると思いますが、そのセンスを作り上げることができるのでオススメです。

-スポンサードリンク-

5000円以内で楽しく遊ぶ方法③ゲームセンター

私はストレスが溜まった時に自然と行きたくなるのがゲームセンターです。半休でも楽しめるというより、半日くらいが十分満足できる遊び場かもしれません。ゲームセンターのあの雰囲気?普段と違う空間が好きで、大音量でいろんな音楽が流れているだけでも解放された気分にならます。私は対戦プレイが大好きです。友達と行くこともありますが、1人でも全然行きます。

オススメはゲームセンターでもサービスが多いところです。ただ来て、好きなゲームをしてねというゲームセンターよりも入場料を払ってでもフリードリンクサービスやゲームのパス券などがあるゲームセンターの方が長い時間楽しめるのでオススメです。

それでも入場料も500円〜1.000円程度で、ドリンクが付き、楽しめそうなプランのパス券を購入しても、5.000円はいきません。時にはストレス発散のために半休を利用して遊びに行ってみてはいかがでしょう。

5000円以内で楽しく遊ぶ方法④風情を楽しむ

ある程度半休を楽しむと少し思考が変わり、急に風情を楽しみなたくなった私は、舞妓さんになってみたい!なんて、見た目とは裏腹なことを考えるようになりました。でも京都に行くまでの時間はない…。

そこで見つけたのが着付け体験でした。着物、浴衣を着たことはあっても、もう記憶も遠い成人式や、若かりし頃の花火大会。その頃は着付けできるわけでもなく、ただ着せられていて私が、少し風情というものを感じたくなり、着付け教室に興味を持ちました。

着付け体験は3.000円でした。少しお高めに感じましたが、いつか着付ける側になりたいとも思っていたので、私には納得の料金。いざ体験教室に行ってみると、たくさんの着物に感動しました。着物を見て感動するとは思いませんでした(笑)

でも、素直に綺麗だな、素敵だなと感じました。好きな柄を選び自ら着付けしましたが、酷すぎましたね。先生が手を貸さずに得られないくらいの不器用さ。でもこれを毎日しているという先生には尊敬です。

舞妓さんのように舞妓さんになって京都の街を歩くということできませんが、着物を着て、お茶を立て、和菓子と一緒にお茶を飲むという体験は贅沢過ぎる時間だと思いました。とにかく自分でも分かるくらい姿勢がピンと良くなるんです。昔ながらの日本女性を体験できた気になります。

一度の体験では全然着付けできるレベルではないので、私はしばらく通いたくなりました。

5000円以内で楽しく遊ぶ方法⑤キッズスペース

では、最後になります。お子さんがいらっしゃる方にはやっぱりキッズスペースも半休でも5.000円以内で楽しめる遊び方だと思うので、紹介させてください。というのも私も娘がいます。半休でも子どもはやっぱりお母さん、お父さんとの時間が増えると笑顔が増えますよね。

働きながら育児をしていると、半休も少し日々の疲れをリセットさせるための時間として大事です。半休だからと毎回子どもを早めに迎えようとしても、気持ちが追いつかなくなるのは仕事疲れもストレスもあるからで仕方ないことだと私は思います。

子どもだってピリピリしているお母さんと一緒にいても楽しくない!そう割り切りながら上手く、少しの休みを自分の時間に当て、そこから家事や育児、仕事を頑張るためのモチベーションにつなげるのは上手な方法だと思います。

それに上手くストレスを発散させられるようになると、自然でこの日は子どもを休ませて、たっくさん遊びに連れて行こうという気持ちになります。そこで半休であっても存分に子どもを楽しませる、一緒に楽しめるキッズスペースを利用してみてはいかがでしょう。

お母さんと過ごすのは家というイメージから、違った雰囲気の家にはないおもちゃを使ってお母さんと遊ぶるの子どもにとっては、なんとも嬉しい時間で、その笑顔でお母さん自身も心が満たされます。

キッズスペースの大半がお子さんは時間延長で課金制度があると思いますが、3時間存分に遊んでも5.000円かかるところはないですよね。私は月に2回はキッズスペースで思いっきり娘と遊びます。自宅では見れない顔が見れるのは、いつの間にか私の幸せになっています。皆さんもいかがでしょう。

まとめ

いかがでしたか?私が実際に体験した、興味のあるものを詰め込みましたが、参考になりましたか?半休を有意義に利用しようとしても時間に制限があると感じるとどうしても自宅に帰ってしまいます。でも実際自宅に帰っても何もしない時間がありますよね。

お金を使わないためとはいえ、時間とお金を有効に使うことで生活を満たすことができると思います。少しでも興味のあるものがあれば、ぜひ半休を楽しむために体験してみてください。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です