男女別1カ月にかかる服代の相場とお金をかけずにおしゃれをする方法4選

-スポンサードリンク-

男女別1カ月にかかる服代の相場とお金をかけずにおしゃれをする方法〇選

男女別1ヶ月にかかる服代の平均相場って?

1ヶ月にかかる副題は、男女によってそれぞれ異なりますし、おしゃれに興味があるかないかによってかなり差が生まれます。

しかし、それでも社会人として身なりは最低限の小綺麗さを保たなければいけません。

毎月のように洋服を購入せずとも、シーズン毎には新しいものを購入し季節感を出せば、気分ともどもリフレッシュすることができます。

毎月の洋服代は男女・年代によって異なる

服にかけるお金は年代によってそれぞれ異なります。

10代や20代の頃はおしゃれをして生飾りたい年頃ですし、30代~40代になるとある程度高級感のあるものを少し取り入れるとファッションが好まれるようになります。

20代の洋服代の平均は男性が1万円程度です。

男性で毎月のように洋服を購入する方は少ないようです。

その代わりにシーズンごとに数万円分の洋服を購入し、それを着回すパターンが多いようですね。

しかし30代から40代になると、洋服にかけるお金の金額が全体的に上がります。

しかしこの頃になると、家庭では子供が生まれ、旦那の洋服までお金が回らない…といった家計の事情が出てきます。
こうなると大変です。

40代男性の洋服代の相場は変わらず1万円程度ですが、服にお金をかける方とかけない方の格差が広まります。

女性は男性に比べて洋服にお金をかけている!

男性がそれほど洋服にお金をかけないことに対し、女性は洋服にお金をかけすい傾向にあります。

20代女性の洋服の相場は1突き当たり2万円程度。

20代女性はほぼ毎月必ず新しい洋服を購入するようです。

しかし、毎月のように購入するので、一点の単価はそれほど高くはありません。

こまめに洋服を購入し、ショッピングでストレスを解消している女性が多いようです。

30代から40代の女性に至っては、月の洋服代相場は3万円程度。

これくらいの年代になってくると、ある程度お金にもゆとりが出てきて、年相応のブランド物に手を出す方も増えてきます。

またその逆で、子供にお金がかかる年代でもありますので家計が厳しい方は全く洋服にお金をかけられない方もいらっしゃいます。

しかし、こういった女性は子供にお金がかからないようになってから自分のものにお金を費やすようになります。

お金を使い出すタイミングが早いか、遅いか。スタート地点が違うだけです。

女性はいつでも綺麗で着飾っていたい生き物なのです。

ですからお金にゆとりがあれば、必ず新しい洋服や化粧品等購入してしまいます。

このことから美に対する追求心が男性より旺盛であることがわかります。

もちろん、お金がなくてもおしゃれをすることは可能です。お金をかけずしておしゃれに見せかける方法をまとめてみました。

-スポンサードリンク-

1.ユニクロやGU、しまむらなどの量販店をうまく利用する

ユニクロやしまむら、GUといった量販店は安くおしゃれを済ませるにはぴったりのお店です。

ユニクロに関しては、最近は値段の張るものも出てきましたが、しまむらやGUはとにかく安さが売りです。

流行の服やデザイン、素材などのものが驚くほど安く購入できます。

おしゃれにプライドはいりません。おしゃれに見せることができれば、余計な説明は要らないのです。

したがってこういった低価格の量販店でも、センスが良ければローコストで十分おしゃれに見せることができます。

2.アウトレットでまとめ買いする

アウトレットのお店が現在非常に増えてきています。

ブランドにもよりますが、アウトレットだと半額以下で商品を購入することができるお店があります。

アウトレット専門店などは、なかなか多く存在しませんが、自宅から離れていても年に数回そういったお店に行き、まとめ買いをすれば洋服のコストも浮きます。

正規の価格を大幅に下回でおしゃれ服を楽しむことが出来るのです。

3.1点だけ高そうなブランドを取り入れる

アウターでもパンツでもインナーでも何でも良いのですが、コーディネートの中に1点だけブランド物の服を取り入れます。

それ以外の服は量販店の安物でも何でもヨシとします。

そしてできるだけその1点のブランド服を主張できるようなコーディネートをすると…こだわりのある服装に見え、また高級感のある着こなしになります。

もちろんこれはある程度のセンスや思い切りが必要なのでファッション上級者向けとなりますが、極めれば最低低減のローコストで高級感漂うおしゃれ

な着こなしを見せつけることができます。

4.安物でもジャストサイズを選択し、きれいに着こなす

「サイズ」はおしゃれと切っても切り離せない関係にあります。

それほど高くない洋服でも、サイズと形にこだわればピシッと筋の通ったおしゃれ感を出すことができます。

そしてこのコーディネートに大切なのは「清潔さ」です。

例えば白を基調としたなるべく細身のシャツやパンツを選び、アクセントに1点だけ原色系のアイテムを取り入れる。

それだけできれい目コーディネートが完成します。

ごちゃごちゃした色の洋服をむやみに取り入れると、まとめるのが非常に難しくなります。

シンプルかつ清潔感を押し出せば、低価格で素敵なコーディネートに仕上げることができるのです。

お金をかけずともオシャレはできる!

人間は初めて出会ったときの身なりや雰囲気で、そのヒトの印象が変わると言われています。

身なりがしっかりしていれば、自ずと初対面の方に好印象を与えることができます。

接客業などをやっている方は、1日に初対面の方が何度も訪れるはずです。

そう言った時、ファッションの自由が効くのであれば、上記したローコストのおしゃれ術を適用すると、仕事にも良い影響与えるかもしれません。

ぜひお試しください。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です