小学校、中学校、高校別!塾にかかるお金の平均費用まとめ

-スポンサードリンク-

小・中・高校別!塾にかかる費用まとめ

今は学校教育だけでは足りない!

現在小学校や中学校、高校性までもが塾に通う世の中です。

学校の勉強だけでは全く足りない、と言うのがその理由。

学校と塾の勉強を足してちょうど良い…というのが現代の考え方です。

塾に通っている生徒と通っていない生徒では、通っていない生徒の方が数少ない状況にあります。

それくらい、現在の学校での勉強は足りないと言われているのです。

小学校の塾にかかる費用の平均ってどのくらい?

小学校の塾の費用は、通う頻度にもよりますが大抵月謝で1万円程度が全国平均と言われています。

もちろん、通う日数を増やしたり、勉強する教科を増やしたりすれば料金は更に膨らみます。

しかし、それも含めて1万円程度と言うのが現状です。

現在の小学生は、私立中学校への進学を望んでいないのに塾に通っています。

おそらくこれは、高校受験のために備えた下積み的な勉強だと言われていますが、そこまでする必要があるのでしょうか…。

月額1万円の費用だとすると、年間で約12万円。

小学校1年生から6年間通ったとすると通算で72万円。

これを高いと捉えるか、安いと捉えるかはご両親の価値観や考え方によって異なりますが、肝心な事は本人に勉強する気があるかどうかです。

お金と時間を費やして勉強しても、学習したことが身に付いていなければ意味がありません。

支払った72万円を捨てているようなものです。

中学校の塾にかかる費用の平均ってどのくらい?

中学生になると、高校受験に向けて勉強も本格化します。

ほとんどの生徒が1年生の頃から塾に通い、高校受験に向けて本腰を入れ出します。

また、本腰を入れるのは生徒本人だけでなくご両親も同じことがいえます。

親子で受験モードに入り、それに対する相応の予算を組んで我が子を塾に通わせます。

もちろん小学生に比べると学ぶ教科も増え、通う日数も多くなります。

したがって、自動的に小学生の頃よりも塾へ支払う費用が多くなります。

中学生の塾の費用は全国で平均して20,000円~30,000円程度と言われています。

小学生の塾の費用に比べると約2~3倍。

これを元に年間費用を算出すると24万円~36万円。

3年間通うとなると72万円~108万円

中学生の塾のレベルになると、さすがに家計を圧迫し始めます。

月々1.5万円以上のお金を支払い続ける事は、予想以上に厳しく、かなりの節約を強いられます。

また、兄弟・姉妹がいらっしゃる場合、上の子が中学生となると、下の子が小学生となるケースが多い筈です。

すると下の小学生のお子様も塾に通わせ始める…と言うことで兄弟2人が塾に通い始めることになります。

家計は大打撃です。

こういった時のために、子供が小さいうちから学資保険に加入し支払いに困ることがないよう、常に備えることが大切です。

-スポンサードリンク-

高校生が大学受験の塾にかかる費用の平均ってどのくらい?

高校の塾にかかる費用は、非常に高く、また個人差があります。

公立の大学を目指しているのであれば、教科を幅広くしてセンター試験に通用するような体制を整えなければいけません。

すると、おのずと学習教科も増え、塾の費用も跳ね上がります。

また、高校1年生は週に1回通えば良かった宿が、受験間際になるとそれでは済まなくなります。

通う回数を増やし、受験に対する意識を高めます。

大型の学習塾や予備校クラスになると一時間あたりの受講料は10,000~15,000円!

週に一度、1コマ通っただけで月にしてみれば5~6万円かかる計算となります。

多い方ですと月に10万円近くのお金を塾の費用を支払っている方もいます。

大学受験と言うものは、人生において非常に大切な節目でもあります。

希望する大学に入ることができれば、望んでいた分野の勉強をすることができますし、また就職もうまくいけばその分野に関しての職に就くことができます。

大学は社会人に1番近い学校なので、どのような大学に進むかによってその後の人生に大きな影響を及ぼします。

そのことを理解している両親であれば、月額5万以上の費用も惜しまない、という考えになるようです。

高校で支払う塾の費用はピンきりですが年間で36~120万円。

3年間塾に通い続けると96万円~360万円と桁が変わってきます。

また3年生になると夏冬の特別講習がありますので、そちらにも別途お金がかかります。

上記したのはあくまでベーシックの受講料と捉えて下さい。

もちろん、どのような大学に行くかにより強化も限定されるので、塾に支払う費用は個人によってかなり開きがあります。

通っている塾によっても受講料の金額設定が様々なので、高い塾・安い塾の金額差も生じます。

小学校から高校までに通う塾の費用平均はどのくらいのお金になるのか

小学生から中学生、そして高校生に至るまで、それぞれフルで塾に通った場合、平均して支払う金額は少ない方で200万円、多くなると600万円以上となります。

これはあくまで塾に支払うベーシックの受講料だけです。

この他に特別講習代金、教材費や交通費、食費などを考慮するとさらなる支出が予想されます。

小学校、中学校、高校別!塾にかかるお金の平均費用まとめまとめ

このように1人の子供を大学まで進学させるには、莫大なお金が必要となります。

学校以外の塾の費用だけでも、多い方は600万円以上も支払っているのです。

もちろんこの他に学校の授業料や教材費用、部活でのお金が発生します。

「教育」とお金は表裏一体。

人を育てる裏側には常にお金のやりとりが存在します。

お金がないことを理由に子供を進学させることができない、と言うのは親としても辛いことです。

そういったことが起こらないよう、お子様が小さいうちから学資保険や定期預金、貯蓄などに加入し、コツコツとお金を貯めておくことが親としての責務となります。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です