ガス代はどのくらい滞納するといつ止まる?返金相場と節約術

ガス

■ガス代の相場

ガスプロパンガスを使用している家庭と都市ガスを使用している家庭でそれぞれ価値観がかなりなります。

プロパンガスを使用していると、基本料金が1600円程度。

大人2人子供2人の4人暮らしの家庭でしたら月々平均して1万5千円2万円程度かかります。

使用ガス量的には25〜30㎥といったところでしょう。

東北地方や北海道の過程ですと、ガスで暖房を炊く物件もあるので季節でガス代が大きく変動する地域もあります。

上記した4人暮らしの家庭におけるガス代相場はあくまで暖房費を向いた数字。

それでも、ガス代で2万円もかかるのはどうしても納得できない…そんなご家庭が多い筈です。

しかし、プロパンガスに比べると都市ガスは非常に安く済みます。

同じように4人家族で比較してみると、25〜30㎥使用しても1万円に届くか届かないか、といったところ。

何故これほどまでに差が開くのか…疑問に思う方も多い筈です。

 

■都市ガスとプロパンガスの金額差の理由

お金

何故都市ガスとプロパンガスではこれほどまでに料金差が生じるのでしょうか。

同じガス燃料なのに、中身の問題?と疑問に思う方は多いはずです。

じつはこれ、ガス運ぶインフラ問題なのです。

 

都市ガスの場合はアパートやマンションを建てる際にガス管を建物内に引っ張り、都市ガス貯蔵庫からガスを引っ張ります。

よって、家主がガスの設置費を支払う事になり、この工賃を考慮した家賃を住居人から月々徴収するかたちになります。

したがって、入居者が支払っているガスの代金は純粋な「ガス燃料」のみとなり、比較的安く済ませる事ができるのです。

しかし、プロパンガスを使用しているマンションやアパートは都市ガスのパイプライン設置されていません

こういった物件の建物脇には必ずプロパンガスのタンクがある筈です。

このタンクの中のガスがなくなり次第プロパンガス会社の方がタンクを取り替えて常に絶やさないようにしているのです。

つまり、プロパンガス会社の請求の内訳にはタンクの運搬・設置・ガスの補充などが含まれた料金となっているわけです。

お分かりでしょうか。

ガスを切らさず使用する為の維持管理費が含まれているのです。

その為、都市ガスとプロパンガスでこの様な料金相場の差が生まれてしまうのです。

 

■ガス代をどれくらい滞納すると止められてしまうか

料理

ガス代滞納するとやがてガス会社の方で元栓を閉め、ガス自体を利用できなくなってしまいます。

ガスが使えなくなると日常生活に大きな支障をきたします。

まずお風呂に入ることができません。

灯油ボイラー等でお風呂のお湯を沸かしているご家庭でしたら関係ありませんが、ガスを利用してお湯を沸かしている物件にお住まいの方でしたら大変です。

また、ガスコンロも使用できなくなるので料理自体ができなくなります。

お風呂に入れない料理ができないとなると、本当に不便な生活を強いられます。

ではどれだけの期間滞納すると、ガスの使用ができなくなるのでしょうか。

 

・都市ガスの場合、検診日から50〜60日程度が通常

ガスメーター 都市

ガスをどれだけ使用したかチェックすることを検針と言います。

この作業を行った日から30日後ガス代金の支払期限となります。

支払い期限を過ぎ、さらに20日後使用停止となってしまうようです。

これは全国10社の都市ガス業社の統計です。

しかし支払期限を20日過ぎた程度で使用不能となってしまうのはあまりにも早すぎる…そう感じる方が多いようですね。

 

・プロパンガスの場合

ガスメーター

プロパンガスの場合、ガス会社によって停止するまでの期間がそれぞれ定められています。

それでも、都市ガス同様支払い期限から20〜30日程度が平均です。

つまり都市ガス・プロパンガス含め支払期限から約1ヶ月料金を滞納してしまうとガスを使用することが不可となる…という訳です。

 

・公共インフラの中でガスは1番最初に止められる

電気代

公共料金とは主に水道電気ガスのことを言います。

その中で料金を滞納して使用不可となるまでの期間が一番長いものは水道です。

人間の体に1番必要なものは水とされています。そのため水道が止められる…という事は下手をすればに関わる問題。

そのため水道を止められてしまうのは、1番後回しとなります。

次いで電気、そしてガスの順番になります。

つまり

ガス→電気→水道

の順に停止されていくことになります。

このように命に直結した事項を順に使用不能となる順番が決まっています。

 

■ガス代はどのくらい滞納するといつ止まる?返金相場と節約術まとめ

ガス料金は高く感じることも多いと思います。

しかし、料金を滞納してしまうと支払期限から20日程度でガスの使用を差し押さえられてしまいます。

ガスが使えなくなると、料理もできませんしお風呂にも入れません。

また、ガス料金を滞納した場合、住宅ローン審査などにも悪影響を及ぼします。

是非気をつけてくださいね。

高いと感じても、支払い期日は必ず守るよう心がけましょう。

またガス料金が高いと感じるのであれば、ガスの使用を抑え節約し、少しでも料金を浮かせるよう努力が必要です。

節約方法はお風呂の温度を下げる、シャワーのお湯を無駄に流さない、洗い物はなるべく真水で…等々色々とあります。

是非お試しください。

理想のホーム
CMでも話題の無料でファイナンシャルプランナーに相談ができる、保険のビュッフェで、話を聞いたところ、毎月1万8900円もお金が節約できました!!

保険料は毎月払う物なので年単位で見ると、家計にも大きな影響を及ぼします。

現在、「総額1億円分全員プレゼント」を実地しているので、お肉やさくらんぼ、家電製品等が貰えるのも嬉しいですね♪

保険のビュッフェ公式サイトはこちら⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です