手取り10万でも貯金をする5つの方法をお金のプロが解説!

-スポンサードリンク-

手取り10万円と聞いてどのように感じますか?生活できない?ギリギリの生活?それとも手取り10万円なんてやりくりしたら貯金できる額!と考えますか?

上手に節約するための節約法を紹介します。節約法を取り入れることであなたも後者の思考に変わると思います。

節約すると貯金ができるのか?

手取り10万円というワードに囚われる前に、みなさんに考えて欲しいことがあります。みなさん少なからず節約を意識して財布を開くと思います。これは必要なのか?不要なのか?考えることは間違いなく節約を意識しての行動です。

しかし生活水準はどうしても異なるもので、100万円の手取りがある方と10万円の手取りの中で生活する方に同じ方法を紹介しても意味がありません。節約すると貯金できるのか?この問いに未だに少し疑問があるのですが、みなさんどうでしょう?

私はこの答えが正しいのかまだ模索中ですが、手取りの異なる中で平均の貯金をするためには節約しての残金を貯金とするのではなく、手取りの仕分けに貯金項目を先に作ることが節約につながるのではないかと考えるようになりました。

節約した結果の貯金になると、人間なので少し心に余裕を持ってしまいます。もともと無かったお金として貯金も支払いの一部という意識を持つことで、手元に残るお金は自然と減ります。そこで生活するための方法を取り入れていくことが重要ではないでしょうか。

手取り10万円でも貯金はできる

つまり手取りの金額は違っても、貯金はできます。するかしないか、状況が過酷すぎるかどうかという問題はありますが、手取り金額からの貯金はできると言えるでしょう。

私もこうして大口を叩いていますが、こうした思考になるまではとにかく手元にあるお金ギリギリまでが予算という考えで生活していました。もちろん貯金はできません。貯金どころか来月に支払いを回すという赤字状態の月もありました。

なぜ?こうなったのか…考える時に収入面にばかり原因を考えていましたが、収入面は急に大きな変化はありません。そこで冷静に考えることで支出に目を向けるようになり、無かったお金=貯蓄という項目を意識するようになりました。

すると残ったお金で生活しないといけないわけですから、今まで通りではいけなくなります。そこで取り入れられる方法に限界はあるもののすべての方法を試す勢いで生活を変えることでできないと思っていた貯金はできるのです。

手取り10万でも貯金をする方法①通信費を徹底的に見直す

通信費の大半を占めるのが携帯電話です。携帯電話の普及はめざましく、一昔前のように高額な請求を支払う必要なすでになくなりました。どこの携帯会社も様々な料金プランを打ち出し顧客獲得につなげます。

一昔前に比べると100分の1といってもいいほど、料金が変わった方もいるでしょうが、今手にしているスマートフォンを利用するためには毎月安くても7.000円前後はかかっているでしょう。

通信費を見直すにしても、前回の安さで使っている中でどのように節約に繋げられるのかという点で疑問を抱きますが、徹底するのであればすべての割引に目を通して見てください。

通話料も最安値のプラン、通信料も一番低いプラン、オプションは一切つけていないという方の中には知らずに購入時にオプションが付加されている場合があります。私は携帯会社に勤めていた時期がありましたが、基本料金に関してはそれなりに知識を身につけお得ということで来店される方がほとんどです。

こうした顧客を離さないためにも基本料金は安く抑えながら、言い回しからオプション付加を徹底するように指導受けました。初月無料は定番です。オプションの外し忘れを狙っての秘策でしたが、なかなか多いんです。不要なオプションが無いかはまず調べるようにしてください。

また他にも携帯会社は様々なサービスを提供しています。自宅でwi-fiを利用する方が増えていることからもネット利用のサービスにも力を入れています。実際にプロバイダーやネット会社を変えることなく支払い方法を携帯電話と合算するだけで500円の割引などがあります。

家族間で通信料が分け合えるサービスも実はお得なサービスです。容量別で通信料が異なり、さほど使わないと1番低いプランを設定しても、スマートフォンはいわば持ち歩くパソコンです。手で触っていなくてもアプリが通信していることもあります。

使っている感覚以上に通信していることから、容量が足りなくなり不便を感じたり、後々購入したりすることもあります。もしこの時に家族分が分け合えることで買い足しの必要がなくなる月があれば、その分通信費としての項目を抑えることができます。

徹底的に通信費を抑えるということは、すべてのサービスを知り使えるサービスすべてを利用するということです。

手取り10万でも貯金をする方法②保険料の支払い方法・内容を見直す

保険貧乏なんて言葉があるように、何かあったときのための保険が家計を毎月苦しめるなんてこともあります。多くの保険に加入することで安心感は増します。高い保険に加入しておくことで、何かあった時でも生活することができることも確かです。

しかし”もしも”のために毎月生活を苦しめ続けることは違います。保険料として見合った額でなければ、日常生活で病院に行きたいと思っても手持ちがなくて行けない…という事態を招くこともあります。

普段の生活がストレスになり病気を招くこともあります。普段の生活を少しでも快適に過ごすことも節約につながる中で”もしも”にばかり備えても意味がないのです。

多くの保険に加入している方は、1つの保険に絞り内容をプラスすることでトータルの保険料が抑えられないか考えましょう。また、保険会社も顧客獲得のためにさまざまなプランを打ち出す時代です。

-スポンサードリンク-

何年も保険の見直しを行っていない方は同じ内容でも保険の見直しでグンと保険料を下げることもできます。もしもに備える保険は大事ですが、生活を苦しめる保険は理想とは言えません。保険もしっかり見直すようにしましょう。

手取り10万でも貯金をする方法③公共料金はできるだけ抑える

水道料金を抑えるために私が行っていることは、湯船に残ったお湯を翌日洗濯水として使うこと。トイレは大小を使い分け、流すこと。出しっ放しをやめようと思っても料理中にどうしても流水が必要なものもありましたが、氷をうまく使うようにしました。

たったこれだけ、多くの主婦が取り入れている当たり前の節約法ですが、それでも意識した翌付きの水道料が300円安くなりました。この経験から、水道料金が比較的安く済む時期や高くなってしまう時期なども把握できるようになり、より徹底する意識も高まりました。

ガス代を抑えるために圧力鍋を購入しました。ガス代を考えた時に我が家で料理時間に問題があると考えたので、圧力鍋の購入に踏み切ったのですが、コトコトじっくり煮込むことで美味しさにつながると思っていた料理も圧力鍋で時短に調理しても味は劣らない…いや、さらに美味しさが増しました。

ガスをつける時間が短くなることでガス代が安くなったことは当然なのですが、節約だけでなく時短にも繋がったことで、料理の品数が増えたこと、また圧力鍋を使っての料理が楽しくレパートリーが増えたことも大きな変化でより楽しくなりました。

電気代に関して、正直夏は少し諦めています。暑さを対処するためにすだれや打ち水、シャワーを浴びるなど工夫はしますが、エアコンの冷風をどうしても欲してしまいます。設定温度や時間などは意識しますが、1日中つけないという対策法はどうしても無理です。特に暑がりなので。

こうした点でどうしても無理なものは諦めも肝心であると考えています。あまり無理しすぎると逆効果だったりしますので…その分支出のトータルで調整することは心がけています。

節約法になってないよ…と声が聞こえてきますが、皆さんもすべての項目をクリアすると考えると1つでも赤字の数字が出たらやる気が落ちませんか?私の場合そうでした。今月はもういいや!なんて投げやりの気持ちになってしまっていました。

ただすべての項目は目標の予算であり、工夫することで黒字の数字を出せる項目もありますよね?トータルの金額は黒字で一部赤字の数字が出る家計簿はその次は合格と考える方が節約も続けやすくなると思います。私がこの考えに変えてから、投げやりになることもなくなりましたし、黒字の数字が出た項目はよりやる気になって徹底する意識も高まりました。

すべて黒字のクリアではなく、無理な硬毛も時にはあるわけですから、その分を他で調整し来月の予算の立て方を考え直すようにしてみてください。

手取り10万でも貯金をする方法④買い物法を変える

家賃や駐車代・学校に関わるお金など変動のないもの、変えることのできないもの以外で節約するとなるとここまで紹介した通信費・保険料・公共料金は絶対です。

でも主婦なら考えるのが食費についてだと思います。食費は抑えるべきでないという方もいれば、食費しか抑えられる項目がないという方もいるでしょう。

食費の節約法はライフスタイルにより変わってくるので絶対と言える方法はないかもしれませんが、私がおすすめする節約法として買い物法を変えるという方法があります。

買い物法を変える方法というのが、肉類・野菜類・調味料・飲料水など必要な食品を最も安いお店で買うというシンプルな方法です。買い物する中でこのお店は比較的肉類が安いと感じるお店あると思います。やっぱり野菜は八百屋さんの野菜が安くて美味しいと感じるでしょう。

この主婦の感覚で肉類はこのお店で安売りの日にまとめ買いをする!野菜も安いだけではなく美味しさも重要ですから、八百屋さんでその日やすい野菜を購入する!飲料水も安いお店で安い時にまとめ買い、なんともシンプルな方法です。

まとめ買いしても保存方法で日持ちされられるものは多くあります。変に同じお店で必要なものを必要な分だけ買うよりも美味しくて安いものをまとめて買って保存しておく方が料理も楽しくなりますし、何と言っても節約につながります。

手取り10万でも貯金をする方法⑤早寝早起きをする

最後に紹介する節約法は私の中では最も有効な節約法です。それが「早寝早起きをする」という節約とはあまり関係なさそうな方法ですが、取り入れてみると効果が分かります。

早寝早起きを習慣にすることで、朝しっかり目覚めることができ、よりは質の良い睡眠を取ることができます。体内時計が整うことで1日のリズムが自然と確立します。1日3食の食習慣は無駄に間食をしなくなります。夜遅くまで起きていることで口にしてしまう、インスタントラーメンも必要なくなります。

早寝早起きができない方、特に夜間の行動が乱れます。夜起きていることで口にするものは食べ物だけでなく飲み物も増えます。寝ていたら必要なかったものを必要としてしまいます。朝起きるとダルさを感じます。しかし何か食べないといけない…自炊の気力なくコンビニで購入してしまいます。

1日の流れを見るだけでも、夜間口にする飲み物、食べ物。朝のコンビニで使うお金。繰り返すことでトータルに使うお金は大きくなります。生活のリズムを整えることで節約する意識を行動に変えることができると私は思います。10万円の手取りで貯金するためにもまずは生活を変えることは大事です。

手取り10万でも貯金をする方法5選まとめ

今回紹介した節約法は手取り10万円での貯金なので少し過酷とも考えられる方法もありますが、手取り10万円でも貯金はできるのです。収入がこの先上がればその分すべて貯金に回せられるということですよね。今から大きく意識しておくことでお金の貯まる生活に変えられるので是非取り入れていきましょう。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です