なんと最高額は2000万円オーバー!会社員の給料平均相場と給与ランキング

-スポンサードリンク-
業績

さて、まだまだ不景気と言われている昨今。景気が良くなっていってほしいものです。

そこで気になるのが、自分の年収が他の人に比べて高いのか低いのか、どうかです。

昨今の会社員の平均年収が気になりますよね。

ということで、現在の会社員の平均年収を調べてみました。

国税庁の民間給与実態統計調査によると平成26年度の1人当たりの1年間の収入は、平均が415万円(平均年齢45.5歳)で、男性が514万円(平均年齢45.4歳)、女性が272万円(平均年齢45.6歳)という結果になりました。
参照URL https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan2014/pdf/001.pdf )

ちなみに上記に通勤手当などは含まれていないです。

 

女性は仕事をしていても家事や育児に費やす時間が多く、男性に比べて給料は少ないです。

それでは、今最も給料が高い会社はどこなのでしょうか?

東洋経済のデータを元にランキングを作りました。
参照URL  http://toyokeizai.net/articles/-/118815 )

 

1位:M&A キャピタルパートナーズ 平均年収2,253万円 平均年齢30.5歳 従業員数40人

M&A

1位は平均年収2,000万円越えです。一体トップの人はいくら貰っているのでしょうか?

平均年齢も30.5歳と若いです。創業も2005年なので、設立してから10年ちょっとです。

従業員数は40人しかいないのですね。きっと優秀な人材を揃えているのでしょう。

サービス内容は、事業継承したいオーナーや、買収を考えている経営者の方に向けてのコンサルティング業務です。

社名にもあるM&Aは企業の合併・買収取引という意味なのです。

 

2位:GCAサヴィアン 平均年収2,153万円 平均年齢37.1歳 従業員数100人

ビジネス

2位も平均年収が2,000万円超えでした。平均年齢も37.1際と1位よりも年齢層は上がりましたが、それでも若いです。従業員数も100人と少ないです。

こちらも2004年創業と、設立してから未だ10年ちょっとの会社で、業務内容も1位と同じでM&Aコンサルティングをしている会社です。

ただし、こちらの会社はどの金融機関にも属さない独立系の会社です。

拠点は東京、大阪のほか、アメリカのNYやサンフランシスコ、ロンドン、上海、シンガポール、ムンバイと海外進出もしています。

 

3位:キーエンス 平均年収1,688万円 平均年齢35.3歳 従業員数2,063人

サポート

3位になって年収がガクンと500万円ほど下がりましたが、それでもやはり高額です。

こちらも平均年齢は35.3歳と若いですが、従業員数は2,063人と、1位と2位に比べてかなり多いです。創業も1974年なので、新しい会社でもないですね。

事業内容はFA(ファクトリー・オートメーション)用センサーを初めとする高付加価値商品の生産性・品質向上に取り組み、製造業品質向上サポート業務を行っています。

-スポンサードリンク-

最新の技術を扱う会社なのですね。

 

4位:朝日放送 平均年収1,518万円 平均年齢42.5歳 従業員数655人

カメラ

やっと聞いたことのある会社がランクインしました。平均年齢も、42.5歳とそこそこ上がってきました。従業員数655人とは思ったより少なめなのですね。

朝日放送はもともとラジオ局の会社で1948年に設立し、1959年に大阪テレビ放送と合併しました。そのため朝日放送を「大阪・朝日放送」と呼ぶ人もいるそうです。

 

5位:TBSホールディングス 平均年収1,509万円 平均年齢51.3歳 従業員数85人

TBS

やっぱりテレビ業界稼げるのですね。平均年齢が51.3歳と高いのでベテランの方が頑張っているのでしょう。

従業員数が85人と少ないのには驚きました。

TBSホールディングスのHPを見るとグループ会社にTBSテレビやTBSビジョンなどたくさんの会社があります。TBSホールディングスはTBSグループの統括会社なのです。

 

6位:日本テレビホールディングス 平均年収1,469万円 平均年齢48.1歳 従業員数155人

日本テレビ

テレビ業界が続きます。TBSホールディングスに比べると従業員数は155人と多めです。

こちらも平均年齢が高いのでベテランの方が頑張っています。

以前の名前は日本テレビ放送網株式会社で2012年に商号変更、会社分割を行って設立しました。

地上放送・BS放送・CS放送3波の一体経営やコンテンツの向上や、新たな事業への活動の取り組みなどを行っています。

 

7位:フジ・メディア・ホールディングス 平均年収1,447万円 平均年齢43.1歳 従業員数38人

フジテレビ

おなじみのTV業界です。しかし、従業員数が38人と極端に少ないのが驚きですね。平均年齢は43.1歳と割と平均的です。

子会社にフジテレビ、ニッポン放送があり「コンプライアンス=法令遵守」を何よりも重要視してる会社です。

グループ会社の教育や研修熱心で、意識向上の取り組みとして優秀な社員は表彰をするなど、「グループ内部通報ガイドライン」を作成し、不正がないように未然に取り組んでいます。

会社員の給料平均相場と給与ランキングまとめ

続いて8位がテレビ朝日ホールディングズ9位が伊藤忠商事10位が日本M&Aセンターでした。今M&A事業がアツイのですね。会社を合併・買収したり、事業継承したい方が多いのでしょうか?

平均年収2000万円以上の会社はここ10年間ではじめてランクインしたそうです。

ということで、1部の人達は景気が良いようです。

優秀な会社に入るのには狭き門なので、資格を取得したり、きっと相応の努力をされたのでしょう。

また、10年後にランキングを見たら、どうなっているのかなども気になりますね。

給与明細

-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です