家事えもんに学ぶ3つのお金節約術をプロが解説♪

-スポンサードリンク-

家事えもんに学ぶ3つのお金節約術

主婦に絶大な人気の家事えもんですが、紹介する節約術は当たり前のことを言っているようで、実際に取り入れると、節約は甘くないということが分かります。

今回は節約できない原因から、対策法を取り入れる効率的な節約術です。参考にすることで家計に嬉しい効果をもたらしてくれます。

家事えもん的節約できる人と節約できない人の特徴

皆さん節約するにあたりある程度の余裕がないとできないと考えます。私もその1人でした。安売りスーパーを狙って節約したいけれど、そのときに手持ちがないとある時に必要なものを買うだけしかできなくなります。

いま買うのがお得ということは分かっていても、実際にできないと節約もお金のある人にしかできないよと思いますよね。しかし家事えもんはお金を上手に管理できる人とできない人にはお金の出入りの問題以外にあると考えています。

節約できる人とは?

節約できる人はとにかくお金の管理が上手い人です。お金の管理とはどうゆうことかというと、お金をある程度手元に残しておける人のことです。収入に違いはあっても、無かったものとしてお金を残しておけるかどうかですね。

意識しているつもりでも、常にお金がないというのはなぜでしょう?こうした時にまだあったはずなのに?と感じる方はお金の管理方に問題があることが分かります。

10万円の収入がある中でもともと8万円しか無かったとしても、それなりにやりくりをするでしょう。8万円しかないのですから…これは自然と身についている節約できる人のやり方です。

しかし節約できない人は10万円を手にすると、10万円ギリギリを予算に組み込みます。買い物でも予算を頭に入れていても、500円オーバー、1.000円オーバーくらいなら調整できると考えてしまうでしょう。

節約できない人の特徴

そこで少し考えて欲しいのが節約できない原因です。きっと明確に収入と支出が把握できないという点は否めないと思います。実際に予算を組むと足りるはずでも日を追うごとにお金が足りなくなる。本当はこの日の安売りのために5.000円は残していたはずがない!安い時に上手に買い物できなくなる原因です。

また部屋が汚い人はお金の管理ができないとよく言われますが、皆さんいかがでしょう?掃除とお金の管理に関係性はないと考えている人ほど、当てはまると思います。

掃除することでお金の管理が上手くなると考えられているのは必要なもの不要なものの判断がしやすいからです。調味料、あったのに買ってしまったという経験が多い人はまずそう字を徹底することも節約につながります。

掃除ができないということは環境を整えることができないということです。部屋の環境さえも綺麗に整えることができない人が、細かいお金の管理を上手にできるかと言われると頷くことはできません。中には部屋は汚いがお金はあるという方もいるかもしれませんが、ごく一部です。

お金のある人の家は綺麗な家。そんなイメージの方が大きい中で、節約が苦手と自覚する人が掃除を徹底しない理由がわかりません。部屋を綺麗にすることで無かったはずのものが出てきます。買わずに済みます。

部屋の掃除を習慣にすることで無駄なものを家に持ち帰りたくなくなります。綺麗を保ちたいわけですからね。こうした節約に向いている環境を作らないと節約にどんなに意識しても効果は半減してしまい、モチベーションを下げてしまうのです。

節約するために家事右衛門がオススメする節約術3選

今回今までのやりくりに問題があると自覚する方にオススメしたい節約術は5つです。家事えもんのオススメする節約術は考え方を変えることや、細かい節約術さまざまです。実際に私もいくつか取り入れていますが、一度節約を意識して取り入れると、今までのやり方がいかに無駄だったかを痛感されます。

掃除1つにしてもどうせやるならお金を抑えてやりたいと考えるようになります。では、私も参考にする家事えもんに学ぶ3つの節約中とはどのような方法でしょうか。

-スポンサードリンク-

①家事えもんに学ぶ節約術①環境を整える

掃除ができないということがお金の管理を低下させてしまう原因になることからも分かりますが、どんな節約法を取り入れても効果半減になる大きな要因になってしまうので、まずは掃除を習慣にすることから始めましょう。

掃除できない人はまず断捨離から始めるといいです。掃除のできない人というのはとにかく物が多く、掃除する気になれないという心理を強めてしまいます。お金を上手に運営するためにも欠かせない掃除が進まないということを避けるためにも大きなダンボール2つ用意して必要・不要を一度考えてください。

ちなみにいつか着るだろう!いつか必要になるだ用の大半は不要なものです。いつか、いつかが部屋にゴミを溜める原因なので、いつかはもう無しです!思い切って断捨離することで今までどれだけ不要なものを溜め込んでいたのか分かります。

また断捨離することで気持ちも部屋もスッキリします。そこから節約への意識もモチベーションも高められるので、家事えもんが特に口をすっぱく進める掃除は徹底しましょう。

②家事えもんに学ぶ節約術②クレジット決済を利用する

クレジットカード利用に関して、個人的には向き不向きがあるという思いが強いです。お金がその時なくならないという感覚は恐ろしいものです。実際はお金を作っていても、なくならないのですからお金がないという危機感が薄れます。

しかし家事えもんはクレジットカードのポイントや還元システムに目を向けて、利用することを進めています。確かに同じお金を払っても現金だとないサービスがクレジットカード利用をすることで付いてくることは多いです。

そのポイントを利用して買い物することや、還元率が高い商品はクレジットカードを利用することの方が明らかにお得です。お得に上手にクレジットカードを利用できる方には私ももちろんオススメします。

私の場合はよく楽天市場を利用しているので、楽天市場利用者のためとも言える楽天カードのサービスは利用しています。クレジットカードの利用に関しては絶対にオススメと豪語することはできませんが、家事えもんがオススメするお得サービスを上手に利用できる方には節約にもつながりますので、効果的な節約法とも言えます。

③家事えもんに学ぶ節約術③頻繁に掃除する水回り掃除に使用するアイテムを安く抑える

掃除を習慣に伝えていますが、部屋全体の掃除を毎日完璧にこなすことは困難です。私たちは生活の中で優先順位をつけてリズムを整えています。全て完璧にしていると体力的にも限界がくるので節約法を取り入れようにもうまく機能しなくなります。

そこでまず掃除しておくことで綺麗さをイメージさせてくれる水回りは優先的に手入れしていくと思います。掃除の頻度も高い水回りですので必要な掃除用品を節約することも節約術として有効になります。

家事えもんと言えば掃除のプロという一面もありますので、是非取り入れてみてほしいと思います。今水回りの掃除に使用しているアイテム、買い替えなどの時にかかっている費用をもう一度数字に出してみてください。

私は有名どころの商品を手にして2.3種類のアイテムで掃除をしていました。付けておくだけなんてワードはラクさ重視からどうしても手が伸びます。1つの商品に300円〜400円というのが相場だと感じていました。

1つ買うだけならそんなに高いとは感じませんが、1ヶ月に2本購入で1年買い続けるとなると約10.000円はかかっています。では家事えもんの紹介するセスキ炭酸ソーダで水回りの掃除を行うとどれだけの差が現れるのでしょう。

家事えもんは掃除アイテムを極力100均で購入できる商品から紹介してくれます。セスキ炭酸ソーダも100均で購入できる商品です。

【セスキ炭酸ソーダの使い方】

セスキ炭酸ソーダ500mlの水に溶かし、スプレーボトルに入れるだけで、水に溶かして使えることから重増し効果も期待できます。手作りセスキ炭酸ソーダ水をシュッと霧吹き汚れをゴシゴシ落とすだけで綺麗に汚れが落ちます。

1本購入で水回りの掃除を1ヶ月行うことができます。100円商品を毎月購入しても年間1.200円です。スプレーボトルは買い足さずに済むのでゴミを減らすこと同時にできるので一石二鳥の喜びも感じられます。

家事えもんに学ぶ3つの節約術まとめ

家事えもんに学ぶ節約術としてはじめに取り入れて欲しいのは掃除です。掃除を習慣にするためにも必要なアイテムを抑えることが必要なのです。

決して難しいことではないも思います。節約できない方はポイントを絞り徹底することから始めましょう。



-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です