少ない予算でも痩せられる!?節約ダイエット方法5選

-スポンサードリンク-
ダイエット

節約ダイエットで痩せる為の方法

ダイエットと言えば、ジムに通う、話題のダイエットフードを買う、エステに通う、DVDを買うなど色々あるかと思いますが、本来ダイエットには余分なお金一切かかりません!カロリーを抑え、代謝を上げ、忙しく動いていれば自然と健康的な身体付きに変わっていくはずです。お金をかけたダイエットは、節約の大敵です!今回は、節約ダイエットの極意をご紹介します。

 

1.昼食をお弁当に切り替えカロリーダウン

お弁当

晩御飯のカロリーに気を付けるのはダイエットの基本ですが、見過ごしがちなのがお昼ごはんのカロリーオーバー。毎日、外食や中食でしっかり食べていれば、カロリーもお財布もすぐに予算オーバーです。

例えば毎日500円の外食をしたとして1ヶ月25日で12,500円。これは、月の食費の1/3~1/4に相当してしまうので大問題です。お昼ごはんはぜひ「手作り弁当」でダイエットしましょう。自作の弁当であれば、ご飯たっぷり1.5合分、生姜焼き、卵焼き、筑前煮、ほうれん草の胡麻和え、プチトマトのおかずであっても約665kcalで済みます。これに引き換え、外で食べる焼肉定食は約800kcal、かつ丼は約790kcalもあるのです。
出典:カロリースリムhttp://calorie.slism.jp/

因みに、30~49歳の男性で活動レベルが普通の方の1日に必要なカロリー数は約2、680kcal、女性で2,010kcalということです。ダイエット中と言えども、必要カロリーは下回らないように注意して下さいね。無理なダイエットはリバウンドや身体の不調、肌の老化を招いてしまいます。
出典:日本医師会http://www.med.or.jp/forest/health/eat/01.html

マイ弁当であれば、1回につきカロリーが約140kcal節約でき、コストも上記メニューで約220円の節約です。そうすると、1ヶ月で5,500円もの節約となります。5,500円あれば、月のスマホ料金、水道料金の大半が払えてしまいます。

また同じ千切りキャベツでも、コンビニで買ったサラダと、その日の朝に自分で刻んだ野菜とは栄養価が違います。高いお金を払って栄養価の低いものを食べるのか、安いお金で栄養価の高いものを食べるのか。これは後者に決まっていますよね。お弁当作りにはちょっと時間がかかりますが、慣れれば10分で可能です。夕食のおかずをカップ分けし、自作の冷凍食品を貯めて置くなど、工夫してみて下さい。

 

2.おやつは果物かゼリー

果物

ストレスが溜まると、ついつい人って身体に悪いものを食べたくなる傾向がありますね。スナック菓子は油脂が多いので、1袋で約400kcalもあるにも関わらず、入っている量はごく僅かと実は高くつくお菓子です。しかもビタミン・ミネラルなどの栄養は殆ど含まれていません。ここはバナナやヨーグルト、シリアルなど栄養があって低カロリーお腹もアタマも満足するおやつに切り替えましょう。おやつを全く食べないというのもストレスですし、おやつには脳や身体に栄養を補充するという本当は優れた役割があります。栄養を摂ると脳が満足し、それ以上の食欲を抑えられます。おやつ以降の活動も能率的になり、仕事や勉強の効率も上がって、稼ぎに繋がります。

おやつの買い物はコンビニではなくスーパーで行いましょう。大体1品につき50円安く買えます。50円でも20回重なれば1,000円です。小さなところからコツコツと、が節約のツボです。

 

3.自販機の飲み物ではなく水を飲む

エコボトル-スポンサードリンク-

2にも通じることですが、ついつい買ってしまうのがジュース自動販売機。たかが130円、150円とお思いかもしれませんが、毎日買っていれば1ヶ月で3,600円~4,500円にもなってしまいます。カバンにはいつも自前の飲み物(無糖)を入れておき、外で買うのは控えましょう。モデルさんは1日2Lの水を飲むそうですね。水を沢山飲むのは身体の代謝が良くなり、ダイエットにも効果があります。

ドラッグストアで沢山入ったお茶パックを買ってきて、朝の3分でパックと水を水筒に入れれば約50円で500mlの飲み物ができます。1日約100円、1ヶ月で3,000円の節約です。ゴボウ茶はダイエット効果があると言われておりノンカフェインでほんのり甘く、アンチエイジング効果も謳われています。味も良いのでおすすめです。ミネラルウォーターもホームセンターで買うと2L入りが80円くらいで買えます。スーパーの大型浄水器からタンクで買うより安く上がります。水は身体に良いので、沢山飲みましょう。

 

4.階段はタダで使える素晴らしいダイエット器具

階段

ついつい楽な行動を取ってしまう習慣も肥満への第一歩です。エレベーターやエスカレーターは使わず、階段を使いましょう。階段を上がる運動は登山と同じ筋肉を使います。太ももの大腿筋を意識しながら上がりましょう。更に、踵も上げる様にして歩くと、ふくらはぎや足首を引き締めることができます。階段があったら「タダのトレーニング機械がある!」と喜んで利用しちゃいましょう。

電車の中も恰好のトレーニング場です。立つ時は、両膝をくっつけお尻を引き締めます。O脚補正効果もあり、お尻も腹筋も引き締まります。筋肉が鍛えられると、筋肉量が増えます。筋肉は脂肪よりも定量的なカロリー消費が多いので、同じカロリーの食事を摂っても筋肉質の人は太りにくいです。腹筋が鍛えられると内臓も上に上がるので、ぽっこりお腹の元となる胃下垂や腸下垂の改善に繋がります。消化能力がアップするので、食事を効率的に取ることができるようになり、疲労や便秘も改善といいことづくめです。

 

5.食べる時間があったらお金を稼ぐ

カフェでアルバイト

人は暇だとついつい食べてしまいます。暇な時間があったら、お金を稼ぎましょう。今はスマホ1つでお金が稼げる時代です。アプリをダウンロードするだけでお金が貰えたり、資料請求するだけでお金が貰えたりする懸賞サイトが多くあります。利用の際は、セキュリティーが確保された大手を利用して下さい。またクレジットカードのアンケートサービスに登録すれば、アンケートに答えるだけで5~10円相当のポイントを貯めることができます。ポイントが当たるくじ引きサービスやキャンペーンもありますので、まめにチェックしてお得情報を見逃さないようにしましょう。パナソニックの会員サイトでもゲームでポイントが溜まったり、電化製品があたるキャンペーンもあります。人間、忙しいと食べる暇はありません。食べる時間があったら、お金を稼ぎましょう
ちょびリッチ http://www.chobirich.com/
タダポ http://tadapo.com/user/index.php
懸賞にゃんだふる http://www.nyandaful.jp/
Tサイト http://tsite.jp/
Ponta web http://www.ponta.jp/
CLUB Panasonic http://club.panasonic.jp/

 

6.少ない予算でも痩せられる!?節約ダイエット方法5選まとめ

いかがでしたでしょうか。上で見てきたように、ダイエットの基本は余計に食べない動く代謝を良くする、のたった3点です。同じお金を払って、自分の身体に脂肪をつけるのか、それとも栄養をつけるのかを考えましょう。

そして、あなたの脂肪は全て、あなたのお金です。お金を脂肪に変えるのではなく、ぜひ生活に回しましょう。早速今日から実行してくださいね!

ランニングする女性

-スポンサードリンク-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です